パーキンソン病リハビリ

パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病リハビリの感想(音を立ててキャベツを切れた)

パーキンソン病患者がセラサイズの無料相談と体験リハビリで手に力が入るようになった。キャベツを音を立てて切れるようになった。
パーキンソン病 情報・対策日誌

ZOOMパーキンソン病の無料説明会&リハビリ体験会

毎週土曜日の11時30分:無料説明会&リハビリ体験会 難病パーキンソン病の本質と対策を説明 聞けば納得のパーキンソン病の本質 実際にパーキンソン病を改善している考え方をご説明いたします。脳科学、細胞学の応用と理工学的な発...
パーキンソン病 情報・対策日誌

セラサイズがパーキンソン病で研究している脳神経と筋肉

従来のリハビリではパーキンソン病は改善できないとされています。 一方、パーキンソン病のリハビリで多くの成果を出しているセラサイズは最新理論でできています。脳細胞活性研究所が開発した「脳細胞活性ストレッチ理論」に従い開発されています。...
パーキンソン病 情報・対策日誌

セラサイズと運動の種類と運動量について

1,体の状況により適切な運動量は変わります。 セラサイズを始めたばかりの頃、体が運動になれるまでは運動のし過ぎに注意が必要です。 運動するときは記録を取りながら自分にとって適切な運動量を探しましょう。 『今日は調子が良い...
パーキンソン病の改善事例

セラサイズ・プレミアム・リハビリを卒業された方

今日のお客様は、先月セラサイス・プレミアム・リハビリ卒業された方でした。週に1回ZOOMのリハビリでメインテナンスをしています。いつもお元気なので、グループ・リハビリのムードメーカでもあります。約1.5ヶ月経過していますが、心配していた悪...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病用セラサイズZOOMリハビリ会員の皆さんへ

セラサイズを行うときの体の使い方のポイント 体の力を抜いて、型だけを真似てもパーキンソン病のリハビリとしては効果が出ません。その理由は型を再現をしようとすると、力を緩めて型を作ることになります。楽に型を作れる人には刺激が入りません。...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病患者の正しい運動の仕方

皆さん、どんな運動をされていますか? 同じ運動の繰り返しはパーキンソン病には有効ではありません。 逆効果になる場合もあります。同じ動きをするということは、同じ筋肉しか使わないからです。 従来の運動の常識は「効果的な動き...
パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病:片目の軸がずれていた斜視が改善

昨日のお客様ですが、パーキンソン病と診断されている70代男性経営者。 何年もお薬を飲んでいますが、改善しないとのことでご来店した方です。 仕事の都合で2週間ほどお休みをとったあとに来られました。 お身体は悪化していません...
パーキンソン病 情報・対策日誌

第一回パーキンソン病改善情報交換会のご報告

 第1回は約10名ほどの方にご参加いただきました。その中で4名が現在スタジオに通って改善している方でした。ご家族、知人がパーキンソン病の方で話を聞きたいという方が2名。その他は付き添いのご家族や、これからリハビリを仕事でやりたいという方。...
パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病の事例:元農家の主婦(60代 女性)

野良仕事をやめて運動量が激減。この方もそうですが、パーキンソン病は若い頃はお元気な人が多いようです。急に運動をやめたり、加齢により仕事が減り、運動量が急に減ったために体調を崩した方が多いようです。人間は環境に対応して生きています。
パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病の事例:新潟からの方(40代 女性)

毎回、仲良くご夫婦でご来店。初回で「寝ている時の背中の痛みが消えて、朝まで眠れるようになった」とのこと。 でも、こちらから聞くまで、改善に気づいていませんでした。パーキンソン病の多くの方は良くなった時は良くなったことを忘れるようです。嫌な記憶は忘れたいようです。
パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病症候群のリハビリ : 仙台からの方【40代 男性】

パーキンソン病症候群 40代 男性(毎週) 病院では改善しないためHPで調べてご来店いただきました。表参道セラサイズ・スタジオへは毎週、新幹線で通っていただきました。 カラダが大きな方でしたが、カラダのバランスが悪く、状態を左...
タイトルとURLをコピーしました