パーキンソン病の事例:元農家の主婦(60代 女性)

パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例
Print Friendly, PDF & Email

60代 女性

野良仕事をやめて運動量が激減。

この方もそうですが、パーキンソン病は若い頃はお元気な人が多いようです。急に運動をやめたり、加齢により仕事が減り、運動量が急に減ったために体調を崩した方が多いようです。

人間は環境に対応して生きています。

歳をとってから、環境が激変すると対応が出来なくなるようです。

意識すれば正しく歩けるが普通に歩くと脚を少しひきづる。

自律神経を安定させると手の震えも止まる。直感と感覚だけで動く。動けてしまう。上記の状態でパーキンソン病の改善方法を考えながらリハビリ中。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました