協会概要

一般社団法人 国際細胞活性協会 協会概要
Print Friendly, PDF & Email
法人名一般社団法人 国際細胞活性協会(部門名:脳細胞活性研究所)
  府省共通研究開発管理システム(e-Rad) 2017年10月18日 登録済み
設立2011年3月14日
名誉
理事
跡見 順子(東京大学名誉教授、東京農工大客員教授)
初めてお会いしたのは2004年。
セラサイズ体験後の2009年に頂いた推薦文
2017年12月より名誉理事としてボランティアで応援して頂いております。
代表
理事
小川 清貴(元CSK管理職、元セガ・プロデューサー)
情報処理資格 プロジェクトマネージャー
東京農工大学大学院工学府・応用化学専攻・有機材料科学専修 材料健康科学寄附講座 跡見・清水研究室 後期博士課程
所属学会: 日本生理学会、日本システム未病学会、BSSR臨床ストレス応答学会、日本ニューロリハビリテーション学会、日本生理人類学会
理事小川 裕子(元トヨタ自動車 ヨーロッパ部)
顧問山本康雄(元三菱石油広報部長、元帝京科学大学教授)
樋口東光(元三菱商事)
名誉応援団長細川佳代子さま(元内閣総理大臣・細川護煕夫人)
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本名誉会長、学校法人日本体育大学理事などの要職に加え、五つのボランティアNPO組織を立ち上げてアクティブに活動 されております。
以前体調を崩されたときに、スタジオ会員としてご入会いただき、劇的に回復したことから名誉応援団長を引き受けて頂いております。
所在地〒107-0062
東京都港区南青山5丁目4-51 シャトー青山第1 302号(アクセスマップ
電話番号03-6805-0943
ファックス03-6805-0947
URLhttps://parkinson-rehabili.com/
https://cellacise.com/

活動の概要

正しい脳と筋肉の使い方の研究(脳細胞活性研究所)脳の機能回復

現在の医療システムとは異なったアプローチとしての健康のための運動。

『脳を中心に筋肉や身体はシステムとして連動しています。身体を一つのシステムと捉え、IT的なシステム発想でカラダを動かすことにより脳に刺激と情報を送り脳と身体機能のバランスを正常にするというアプローチ。人間のシステムを研究&回復させるという考え方で、クスリを中心とした医学で治せない症状で効果を上げております。』

・ パーキンソン病のリハビリ(2013年10月から)
・ 脳梗塞、交通事故などのリハビリ全般 (2013年10月から)

・認知症のリハビリ

・自律神経失調症のリハビリ

細胞活性ストレッチ「セラサイズ」指導事業全般

ライセンス発行事業
EC事業全般
講演事業、セミナー、教育事業
カルチャースクール開講

タイトルとURLをコピーしました