セラサイズがパーキンソン病で研究している脳神経と筋肉

パーキンソン病 情報・対策日誌

従来のリハビリではパーキンソン病は改善できないとされています。

一方、パーキンソン病のリハビリで多くの成果を出しているセラサイズは最新理論でできています。
脳細胞活性研究所が開発した「脳細胞活性ストレッチ理論」に従い開発されています。

脳神経や筋肉に刺激を入れられる運動を科学的に設計しているのです。
そして、スタジオで実際に行った結果を観察することにより、運動の意味を研究しています。

表参道セラサイズ・スタジオの研究に一番近い書籍をご紹介します。

スタンフォード大学の神経科学者が書いた本です。

『あなたの脳のはなし』
神経科学者が解き明かす意識の壁
ディヴィット・イーグルマン

パーキンソン病は、脳の影響を大きく受けます。

例えば、自分が欲しい物を買いに行くときは歩けるのに、家族と一緒に歩こうとすると歩けなかったり、微妙なことの影響を受けます。

従来の医学的な筋肉や神経の組成や構造を調べるというアプローチでは解析ができていません。

しかし、脳の特性など、まだ医学になっていない脳科学と理工学的、IT的なアプローチで解析ができています。

それがセラサイズが、パーキンソン病を改善できている理由です。

タイトルとURLをコピーしました