パーキンソン病:片目の軸がずれていた斜視が改善

斜視パーキンソン病の改善事例
この記事は約2分で読めます。

昨日のお客様ですが、パーキンソン病と診断されている70代男性経営者。

何年もお薬を飲んでいますが、改善しないとのことでご来店した方です。

仕事の都合で2週間ほどお休みをとったあとに来られました。

お身体は悪化していませんでしたが、左目が外側を向いていました。

斜視と言われる状態でした。

パーキンソン病が改善したのでお仕事も増えた

働きすぎてカラダに負荷がかかると、体のバランスが崩れます。

今回は左右の目のバランスが崩れたということです。

同伴の女性は「手術したほうが良いかも?」とのことでした。

使い方に問題があって崩れた目のバランスは改善可能

1,上半身を緩めて、脳への血流をアップしました。

2,セラサイズの視力回復と左右の目のバランスを取る動きを実行。

「あ、揃っている!!」

ご本人が先に気づきました。

現代の常識は、「病気になったら病院に行って薬をもらう、あるいは手術で治す」です。

病院で治らない病気は300種類超

原因不明とされるパーキンソン病もその一つです。

治療薬がない病気は病院では治せません。

実は保険料の30%以上は治らない病気の薬代です。

高血圧、認知症、糖尿病、膠原病などたくさんあります。
(これらもセラサイズでは改善事例があります。)

セラサイズにはすでに約10年以上かけて開発した4000種類を超える体を改善する動きのデータベースがあります。

筋肉に関係するお身体の回復から、小脳の動きのデータの修正も行っております。

脳のデータ修正は脳細胞活性研究所だけの世界最先端の技術です。

病院で治らないと言われたら、お気軽に無料相談へ

セラサイズのパーソナルリハビリ「スーパープレミアム」は、毎回、効果を感じなければお支払い不要です。

お客さまにリスクはありません。

また、体験で効果が出なかったことはほとんどありません。
(効果に気づいていただけないケースは稀にございます。)

タイトルとURLをコピーしました