パーキンソン病を治す方法

パーキンソン病を治す方法パーキンソン病 情報と対策
パーキンソン病を治す方法
この記事は約7分で読めます。

パーキンソン病は医学的には原因不明の難病とされます。
一般的には徐々に薬が増えながら進行するとされています。
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』の主役 マイケル・J・フォックスで有名になりました。

パーキンソン病は症状に対して診断される

難病情報センターのガイドラインによると、 手が震える振戦や、すくみ足、動きが遅くなるなどの症状に対して付けられた名称です。

症状に対して命名されるので、一般の病気のような計測値による診断ではありません。
DatScanやシンチグラフィーによる計測が行われる場合もありますが、計測値は参考値であり、診断の絶対的な判断には使えません。(2019年4月京都 パーキンソン病世界大会より)

病院での対処療法(お客様から実際に聞いた情報)

1,パーキンソン病の症状を緩和する目的でドーパミン系のクスリ
  症状の緩和の可能性はあるが副作用のリスクがあり、治療薬ではない。
  徐々にクスリが増えながら症状は進行する。

2,通称:DBS (deep brain stimulation) 機能的手術 – 脳深部刺激療法
  脳に電気刺激を入れて動きの改善を目指す。日本では2000年4月に保険適用となりました。
  スタジオの顧客に聞いたところ、半年ほどは改善したがその後はもとに戻ったとの意見あり。
  最終的な解決法ではない。

3,通称:デュオドーパ
  胃ろうで小腸の空腸まで管を挿入し、少量の薬を体外式ポンプで定期的に自動投与する。
  全身麻酔による開腹手術が必要で術後合併症の危険がある。
  使用時の注意点として、胃石ができやすい繊維質食材への配慮などある。
  最終的な解決法ではない。

詳しくは医療施設のHPなどでご確認ください。

パーキンソン病 は全員の症状が異なる

全員の症状が違うのに同じ病名が付く不思議な状況です。つまり、医学的に症状をもとに分類しただけで、医学的には原因不明とされているのです。

クスリではパーキンソン病を治せない

人により症状が違うので治療薬がなく、難病といわれます。

パーキンソン病の情報がほとんどないために、診断されると大きなショックを受けます
しかし、症状が違うということは、人により原因が違うということであり、原因対策で改善の可能性があるということです。

リハビリだけがパーキンソン病を改善する可能性がある

2019年4月に京都で開催されたパーキンソン病世界大会で、米国の女性がリハビリにより改善したことを発表していました。
そして、表参道セラサイズ・スタジオでも、たくさんの方が改善しています。

パーキンソン病の症状は本質ではなく警報!

あなたの症状「手の震え」「足が出ない」などの症状は原因ではなく、警報なのです。
クスリで警報を止めても、症状は進行します。

「火事が起こると、火災警報が鳴ります。火災警報を止めても火は消えません。」

パーキンソン病の原因対策

パーキンソン病の原因を探して対策を打つことが重要

振戦やすくみ足などの症状は、機能低下したカラダからの警報なのです。
ですから全員の症状が違うのです。
原因を探して対策を打つことが改善には必須なのです。

医師は原因は探してくれません。

パーキンソン病の特徴的な症状

パーキンソン病は階段は歩きやすく、走れる、自転車にも乗れます。
しかし、自転車を降りた途端に、足が動かなくなり歩けなくなります。
カラダは問題なくても、脳の制御がうまくできない状態が特徴です。

パーキンソン病は、小脳系が一時的に機能低下した状態

『実は階段や自転車は大脳が大きく関与して制御しています。歩行は小脳が制御しています。』
「猫の大脳を薬殺しても猫は歩ける実験」などの論文がたくさんあります。

振戦、筋固縮、無動など多くの症状が小脳の機能低下時に起こる症状です。
また、脳は回復が早いことでも知られています。
パーキンソン病の症状が出るのは、脳が一時的に機能低下している時と考えると納得がいきます

首、肩、背中などの固まった部位を柔らかくすると、血流が上がり小脳が回復していきます。

パーキンソン病の多くの方は几帳面


専門医の間でも、パーキンソン病患者の多くの方が几帳面な性格として知られています。

几帳面な方は筋肉の使い方も正確

表参道セラサイズ・スタジオでの独自の実験での発見です。
実は几帳面な方はカラダの使い方も正確です。同じ動きの時に毎回正確に同じ筋肉で動きます。
そのため使える筋肉が減っていくと考えています。

いろいろな運動で筋肉を使いましょう。

女性用のジムに週に4回から5回通っていてもパーキンソン病の症状の方もいます。シンプルな機械での運動の繰り返しなので、同じ筋肉しか使っていないのです。

根を詰めて仕事をしない

加齢とともに体力が落ちるので仕事の仕方を変える必要があります。
若い頃のように力任せに集中して仕事をしてはいけません。

パーキンソン病のクスリはできるだけ飲まない

薬では治療できません

パーキンソン病のクスリは症状の緩和が目的

治療薬ではないので、長く飲んでいると、効きにくくなったり、副作用により幻覚や腰曲がりなどが起こります。

ドーパミンを飲んでいると、カラダはドーパミンを作らなくなる。

クスリに依存した状態になると考えられます。急にドーパミンを飲み忘れると、身体は急にはドーパミンを作れないのです。依存症の状態になるとウェアリングオフという、クスリが切れると動けなくなる状態になります。

スタジオではクスリを飲んでいない方、少ない方ほど早く改善しています。

自分でできるパーキンソン病対策

1,人間関係などでストレスを溜めない。

優秀で真面目な性格の方が多いと言われ、ストレスをためやすい方が多いようです。

気持ちに余裕を持ち自分の幸せ度を増やすように以下の点を心がけましょう。
「周囲の人間を喜ばせたり、幸せにするにはどうしたら良いのか考えて行動する」
「緊急事態でも無理に頑張らない」

肉親の不幸や介護のストレスで発症する方も多いです。
ストレスを溜めないように心がけましょう。


2,適度な運動をする。同じ運動を繰り返さない。

スタジオには毎週テニスを数時間行っていたのにパーキンソン病になってくる方もいます。

恐らく、同じ運動を繰り返す。特に考えないで感覚だけで行うスポーツは脳に刺激が入らず、神経が切断していくのではと推測しています。

ご自身のカラダを正常に保てる運動の種類と量を探すことが必須です。

夜中や早朝に目がさめる場合は多くの方が運動不足です。加齢のせいではありません。
表参道セラサイズ・スタジオでは80代、90代の方でも体力は回復しています。

3,バランスの良いお食事をする。

カラダの組成がパーキンソン病の症状が出る原因と思われる方が、多くはありませんが過去に何人もいらっしゃいます。病院では組成は調べませんので、スタジオの独自のチェック項目です。詳しくはお問い合わせください。


4,規則正しい生活をしてしっかり眠る。

運動不足になると多くの方が眠れない、あるいは夜中に目が覚めます。
中には時間がもったいなくて寝られない方や、ドーパミンの副作用で趣味が辞められず夜中まで起きてしまう方がいます。

睡眠不足になると脳の反応が明らかに低下します。 しっかり寝るように生活習慣を変える必要があります。

状態を確認するカウンセリング方法と脳の調整方法を独自に開発!

ほとんどの方は7つの原因の多くに該当します。

パーキンソン病の7つの原因
表参道セラサイズスタジオでの独自のカウンセリングを通じて、「パーキンソン病」になる7つの原因が浮かび上がってきました!パーキンソン美容と診断された多くの方が、上記に当てはまります。特に運動不足、睡眠不足、几帳面は、ほとんどの方が該当します。

人により、それぞれの原因の影響度の大きさは違います。

カラダと脳はセラサイズの3900種類超の動きで機能を回復します

パーキンソン病は難病ですが、諦める必要はありません。

スタジオでは多くの方が改善しています。完治して卒業された方もいらっしゃいます。

表参道のスタジオでパーキンソン病専門のプレミアムなリハビリをご用意しております。

【お客様の安心のために】パーキンソン病専用リハビリ・セラサイズは毎回効果を保証

効果を感じない場合はお支払いは不要としております。

お客様は安心してリハビリを受けるようにとのことで【返金保証】をご用意しています。

パーキンソン病のリハビリは効果を実感してからお支払い

こちらものパーキンソン病の記事もチェックして見てください

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました