パーキンソン病を治す方法

パーキンソン病を治す方法 パーキンソン病 情報・対策日誌
パーキンソン病を治す方法

パーキンソン病は医学的には原因不明の難病とされます。
病院では徐々に薬が増えながら進行するとされています。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』の主役 マイケル・J・フォックスで有名になりました。

パーキンソン病は症状に対して診断される

難病情報センターのガイドラインによると、 手が震える振戦や、すくみ足、動きが遅くなるなどの症状に対して付けられた名称です。

症状に対して命名、計測値による明確な診断ではありません。

DatScanやシンチグラフィーによる計測が行われる場合もありますが、計測値は統計的な参考値であり、診断の絶対的な最終判断には使えません。(2019年6月京都 パーキンソン病世界大会より)

パーキンソン病の方たちを調べたときの統計的な傾向であるということ。
つまり、パーキンソン病でも該当しない人がいますし、一般人でも該当する人がいます
ですからパーキンソン病と診断するときの参考値の一つなのです。

病院のパーキンソン病への対応

  『残念ながらパーキンソン病は原因不明とされ治療薬はない。

1,パーキンソン病の症状を緩和する目的でドーパミン系のクスリを処方
  治療薬ではないので、徐々にクスリが増えながら症状は進行する。

  症状の一時的な緩和の可能性はあるが、逆に重篤な副作用のリスクがある。
  パーキンソン病の症状ではなく、副作用に苦しんでいる患者がたくさんいます。

2,通称:DBS (deep brain stimulation) 機能的手術 – 脳深部刺激療法
  脳に電気刺激を入れて動きの改善を目指す。日本では2000年4月に保険適用。
  半年ほどは改善したがその後、元に戻ったとの報告もあり最終的な解決法ではない。

3,通称:デュオドーパ
  胃ろうで小腸の空腸まで管を挿入し、少量の薬を体外式ポンプで定期的に自動投与。
  全身麻酔による開腹手術が必要で術後合併症の危険がある。
  使用時の注意点として、胃石ができやすい繊維質食材への配慮などある。
また、日々のクスリの調整も簡単ではないようで、相談を受けたことがあります。
  最終的な解決法ではない。

いずれも残念ながら、パーキンソン病の最終的な治療方法ではありません

多くのパーキンソン病患者が改善しているセラサイズ

パーキンソン病 は全員の症状が異なる

医学的には原因不明とされており、全員の症状が違うのに同じ病名が付いています。
医学的に症状とドーパミンが効果があるかどうかで分類したのです。

全く同じような症状なのにドーパミンが効かない方もたくさんいます。
その場合は『パーキンソン病症候群』、『進行性核上麻痺』などと診断されます。

パーキンソン病は原因不明とされ、医学的な分類としての名称にすぎないのです。
病という表現はまるでウィルス性の病気のように感じさせてしまいます。
本来であれば「パーキンソン症」とすべきでしょう。

あなたに合った原因対策で改善の可能性があります!

あなたは他のパーキンソン病の方と会ったことはありますか?
ご自身とのあまりの違いに戸惑われたのではないでしょうか?
驚くほど症状が違うのです。

症状が違うということは、人により原因が違うということです。
原因が分かれば、症状の進行を止められ、カラダを治すと症状を改善できます。

あなたのカラダや筋肉の問題点を正常にする

患者の方のお体は筋肉や神経接続が正常ではなくなっていることが多いです。
・例えば、腕がゆっくりしか動かない、、、
・膝が伸びない、、、

これを正常に戻すのは、簡単な体操で治るほど簡単ではありません。
現時点でご存じのように病院のリハビリでも、それほど改善効果は出ていません。

ところが、脳の特性を考慮したセラサイズのリハビリでは毎回、驚くほど改善しています。

リハビリだけがパーキンソン病を改善する治療法

・2018年版のパーキンソン病のガイドラインにリハビリが有効な治療法と明記されました。
 それまでは有名な医師も「薬を飲んで寝ていれば良い」と言っていました。

・2019年6月に京都で開催されたパーキンソン病世界大会では米国の女性がリハビリ等による改善を発表していました。

・表参道セラサイズ・スタジオでは、沢山の方が改善しています。
 表参道で改善した山口さんは、地元福岡でセラサイズの指導を行っています。
 表参道で改善した藤川さんは、地元札幌でスキーを楽しんでいます。
 2021年5月からの正規初級エヴァンジェリスト講習会にもパーキンソン病が改善中の女性が参加中。

パーキンソン病のクスリは治療薬ではない!

多くの方がクスリで症状を緩和したくなりますが、重篤な副作用のリスクが伴います。
副作用は何が起こるか誰にもわかりません。
知らないうちに副作用に苦しんでいる方も少なくありません。

長く薬を飲んでいるとなるONーOFF状態はドーパミン依存による副作用です。
医学的にはウェアリングオフといいます。

クスリを飲み続けても症状は徐々に進行するのでクスリも増えていきます。
それに伴い副作用も増えて行きます。

パーキンソン病ではない人も、クスリを飲み続けているとパーキンソン病になります。

パーキンソン病の症状はカラダからの警報!

あなたの症状「手の震え」「足が出ない」などの症状はカラダからの警報なのです。
クスリで警報を止めても、症状は進行します。

「火事が起こると、火災警報が鳴ります。火災警報を止めても火は消えません。」

パーキンソン病の症状は警報

パーキンソン病の原因を探して対策を打つことが重要

振戦やすくみ足などの症状は、機能低下したカラダからの警報なのです。
加齢による機能低下に似ており、全員の症状が違うのです。
原因を探して対策を打つことが改善には必須です。

今の医療システムは、残念ながら原因を探す仕組みはありません。
どんなに優秀な医師でも短い診察時間内では探すことができないのです。

このことは厚生労働省系の資料に明記されています。

パーキンソン病のクスリはどうしても必要な分だけ!

薬では治療できません

パーキンソン病のクスリは症状の緩和が目的

治療薬ではないので、長く飲んでいると、効きにくくなったり、副作用により幻覚や腰曲がりなどが起こります。

パーキンソン病に詳しい医者は、このことは知っています。
しかし、治療薬がないので症状を緩和する薬を出しています。

薬を飲むと安心する方が多いのです。
日本ではクスリを飲むのが当たり前と思っている患者が多いので出しています。
米国ではクスリの副作用を避けるためにクスリを使わないリハビリが増えています。

Googleの健康セクションの関係者も「クスリは使わないこと」とアドバイスしています。

ドーパミンを飲んでいると、カラダはドーパミンを作らなくなる。

定期的に飲んでいるとドーパミンに依存したカラダになります。
ドーパミンを飲み忘れると、カラダは急にはドーパミンを作れないので足りなくなります。
ドーパミンが足りなくなると多くの方が、カラダが動かないオフの状態になります。

効果を感じなかった人も、飲み続けると依存症になり薬の効果を感じるようになります。

最初に効果を感じない場合は、クスリを飲んではいけません。
「飲み続けると効いてくる」と言われる場合もありますが、それは間違いです。
なぜなら、飲み続けて悪化や副作用に悩まされている人はいますが、改善した人はいないからです。

オンオフは、パーキンソン病の症状ではない

薬に依存した状態になるとウェアリングオフという、クスリが切れると動けなくなる状態になります。
定期的にドーパミンを摂取していると、カラダはドーパミンを作らない依存症状態になります。
その状態で、クスリが切れると動けなくなります。

本来は自分の体がドーパミンを作れたはずなのです。
スタジオではクスリを飲んでいない方、少ない方ほど早く改善しています。

ほとんどの方は7つの原因に該当

パーキンソン病の7つの原因
表参道セラサイズスタジオでの独自のカウンセリングを通じて、「パーキンソン病」になる7つの原因が浮かび上がってきました!パーキンソン美容と診断された多くの方が、上記に当てはまります。特に運動不足、睡眠不足、几帳面は、ほとんどの方が該当します。

人により、それぞれの原因の影響度の大きさは違います。

しかし、ご自身の原因に対策を打ち、原因を除去することが必須です。

パーキンソン病の原因対策

1、人間関係などでストレスを溜めない。

優秀で真面目な性格の方が多いと言われ、ストレスをためやすい方が多いです。

気持ちに余裕を持ち自分の幸せ度を増やすように以下の点を心がけましょう。
「周囲の人間を喜ばせたり、幸せにするにはどうしたら良いのか考えて行動する」
「緊急事態でも無理に頑張らない」

肉親の不幸や介護のストレス、人間関係などで発症する方も多いです。
頑張りすぎたり、ストレスを溜めないように心がけましょう。

2、バランスが良く過不足のないお食事

カラダの組成が原因でパーキンソン病の症状が出ている方が、いらっしゃいます。
病院では組成は調べませんので、医師が知らない情報です。
パーキンソン病については医学的な研究は実績が出ていません。

表参道セラサイズ・スタジオ(脳細胞活性研究所)の独自のチェック項目による分析をもとにした対策とリハビリにより、多数の改善効果を出しています。
スタジオのお客様には外科のリハビリ専門の医師もいらっしゃいます。

詳しくはお問い合わせください。

3、規則正しい生活をしてしっかり眠る。

運動不足になると多くの方が眠れない、あるいは夜中に目が覚めます。
時間がもったいなくて寝られない方もいます。
ドーパミンの副作用で交感神経が活発になり、夜中まで起きてしまう方もいます。

睡眠不足になると脳の反応が明らかに低下します。
しっかり寝るように生活習慣を変える必要があります。

4、原因を考えて対策を打つ

原因が見つかれば対策が打てます。
実際は原因を見つけることが難しいのです!

表参道セラサイズ・スタジオでは30分の無料相談で原因探しのお手伝いをしております。

5、一番難しい:同じ運動を繰り返さない適度な運動

・毎週テニスを数時間行っていたのにパーキンソン病になってくる方がいます。

・女性専用のジムに週に4,5回通っていたのに症状が出た方も何人もいます。

同じ運動の繰り返しは、脳に刺激が入らないので運動としては不完全なのです。

繰り返し行う運動は同じ筋肉しか使わないので脳の神経接続は増えません。
同じ筋肉しか使わないので、使われない筋肉は機能低下していく、、、

つまり、『使える筋肉が減っていく』のです。

あなたのカラダを正常に保つ運動の種類と量を探すことが必須です。

本気で改善したいならパーキンソン病専門リハビリ!

原因を探すカウンセリング

実は原因を見つけることは簡単ではありません。

セラサイズのプレミアムリハビリでは毎回30分かけて探して対策します。

どんな運動をどれだけしたら良いのか?

実は具体的にどんな運動をするべきなのか?

学校でも習ったことはないと思います。
リハビリに効果的な運動をすること自体が難しいのです。

頑張らないで効果を出せる運動が、セラサイズのリハビリなのです。

・ZOOMグループ・リハビリでも改善報告がどんどん増えています。
・最高のリハビリであるプレミアム・リハビリは毎回の改善を保証しています。

お客様のために

パーキンソン病専門リハビリ・セラサイズは毎回効果を保証

  • プレミアム・リハビリは毎回、効果を実感後のお支払いとしております。
  • ZOOMグループ・リハビリでは無料体験期間で効果を感じてからご継続としています。

全てのサービスは効果を確認後のお支払いとなります。お客様が安心してリハビリを受けられるように考えたルールです。

パーキンソン病の真実と治し方は無料説明会か無料相談で!

タイトルとURLをコピーしました