パーキンソン病の7つの原因

パーキンソン病 情報・対策日誌
この記事は約9分で読めます。

Since 2013

パーキンソン病は原因対策&リハビリで改善可能!

セラサイズは脳科学と細胞学から科学的に開発された日本生まれの最新のリハビリ方法。
東京大学名誉教授や医師など多くの方に支援されて応援の輪が広がってきています。

パーキンソン病は、代表的な症状があり、3つの条件を満たすと診断がおります。
しかし、実際の症状は多種多様であり、医学的には原因不明とされています。
病気というより、医学的な分類と言えます。

そして、知られていませんがパーキンソン病と診断は出ませんが、症候群と言われる同じ症状の方や、関連疾患といわれる方もたくさんいます。

(あなたの症状は?多岐にわたる症状はこちらを、、

薬も出ますが、薬は「症状の緩和が目的」で、治療薬ではないので飲んでいても、徐々に進行していきます。それどころか、薬の副作用に苦しんでいる方がたくさんいます。
薬はどうしても必要な場合に必要最低限だけ飲むのが正しいのです。

数多くのパーキンソン病の改善実績により、本質と治療方法がわかってきました。

パーキンソン病を詳しく調べると、人により原因は違う!

それぞれ違う原因で体調を崩したり、機能低下して症状が起きています。
原因を探すことは簡単ではありませんが、それだけが改善への道です。

原因に対策を打てば進行は止まり、カラダが改善してくると症状は改善します。

原因の発見と効率的なカラダの改善、両方のお手伝いをご用意しております。
原因探しは「30分無料相談」で、ほとんどの方が見つけられます。

2013年からの3000回を超えるカウンセリング&改善のお手伝いをしています。

「パーキンソン病の7つの原因 」 が浮かび上がってきました!

  1. 習慣:運動不足
  2. 習慣:睡眠不足
  3. 性格:几帳面
  4. 体質:筋肉が多い
  5. 外部要因:大きなストレス
  6. 外部要因:病気や怪我で動けなかった
  7. 外部要因:過去に激しい運動

パーキンソン病と診断された多くの方が、上記に当てはまります。

とくに運動不足、睡眠不足、几帳面は、ほとんどの方が該当します。それにストレスがきっかけで発症した方が多いようです。

独自調査でわかったパーキンソン病になる原因

基本的に医学は症状に対する「対症療法」 です。
今の医療システムの診察時間は数分間が普通です。

優秀な医師でも時間がないために原因を探せません。

我々は研究所ですので、医学とは違うIT分野の分析方法により7種類の共通したパーキンソン病の原因を見つけました。その原因に対策を打つことにより改善しています。

1、 パーキンソン病になる習慣:運動不足

パーキンソン病の原因3:運動不足 対策

ほぼ100%の方が運動不足です。
動かないことが一番症状を進行させます。ほとんどの方が動くほど体調が良くなります。

なぜ、運動不足がパーキンソン病の原因になるのか

○栄養は毛細血管により運ばれます。

毛細血管は使われる筋肉ほど元気に育ちます。使われない筋肉では育ちません。
使わない筋肉の毛細血管は細くなり、栄養が届かなくなります。そうすると筋肉は正常に機能できなくなります。我々の体は環境適応して変化するのです。

○筋肉は脳からつながる神経により動かされます。

筋肉は脳から神経束を通じた指示で動きます。
神経束は常に筋肉との接続と分離を繰り返しており、最適な接続を探しています。
良く使う筋肉の神経束は太くなり、使わない筋肉の神経束は細くなります。

使わない筋肉は神経束が切れて、動かしにくくなるのです。
骨折でギブス固定した腕はギブスを外してもすぐには動かせなくなるように、、、

○どんな運動が良いのか?

病院では歩行や散歩を勧められます。しかし、歩くだけでは上半身に刺激が入りません。
(そもそも、医師は運動については習っておらず、専門家ではありません。)

パーキンソン病は脳の機能と密接な関係があります。その日の気分で体の動きは変わります。
一般の運動やリハビリは脳の特性を考慮していないために、効果が出ないのです。

脳の特性を考慮しながら全身の筋肉を使えるようにすることがポイントです。

脳の特性を考慮して科学的に作られたリハビリ運動がセラサイズ!』

「特定の動きを覚えて行う」という古い発想では改善しない

単純な運動の繰り返しではパーキンソン病は改善しません。
実は同じ運動の繰り返しは、小脳で動くので大脳に刺激が入らないのです。
大脳に刺激が入らないと飽きてしまいます。

食事、音楽、映画などが同じものでは飽きるのと同じ理由です。
知らない動きだけが大脳に刺激を入れてシナプスを繋ぐのです。
同じ運動を繰り返すことでは、使える筋肉は増えないのです。

パーキンソン病改善の秘密は多彩で効果的な運動

セラサイズは、あなたの体調にあわせた最適の動きを、毎週ご用意いたします。
知らない動きをすると使える筋肉が増えていくのです。
4000種類超から選んだ全身を使う効果的な運動を行うので改善しています。

効果を実感してからお支払

2、 パーキンソン病になる 習慣:睡眠不足

パーキンソン病の原因2:睡眠不足


ほとんどの方が運動不足なので夜になっても眠くなりません。
中には「寝るのは時間がもったいない」という方もいらっしゃいます。
肉体と精神の両方の疲労のバランスが取れると眠くなります。

眠るためには自分にあった量と質の運動を探す

実は健康で長生きしている人が、当たり前に行っていることです。

睡眠不足をクスリで解決しようとすると、副作用のリスクが増えます。
クスリが増えるほど病気が原因か副作用が原因か分からなくなります。
睡眠導入剤等には、依存性があり止めることが難しくなります。

眠くならないのはパーキンソン病の症状ではなく、生活習慣の問題

カラダの疲労と精神の疲労のバランスが取れないとうまく眠れない。
昼間の運動が足りないと、眠れなかったり、夜中に目覚めたりします。
高齢者が早起きなのは歳のせいではなく、昼間の運動量が足りないことが原因です。

昼間の運動量を増やすと、夜中の目覚める回数は確実に減っていきます。

3、几帳面な性格

パーキンソン病の原因1:几帳面で真面目な性格

多くの方の性格は真面目で几帳面です。
几帳面な方はどうしてもストレスがたまりがちになってしまいます。
ご本人の感覚以上にストレスが体にかかる場合が多いようです。

【独自の発見】まじめな方は、筋肉の使い方もまじめで正確

真面目な方は、無意識で正確に同じ筋肉で動けるのです。
逆に、使わない筋肉は神経が切れて使えなくなっていきます。
そうすると血流が落ちて体の機能低下が進み、パーキンソン病の症状が出やすくなります。

効果を実感してからお支払

4、体質:筋肉が多い

パーキンソン病の原因4:筋肉が多く若い頃は元気

パーキンソン病患者の中の5%程度の方が該当するパターンです!
全員ではありません。

筋肉が多いことが原因でパーキンソン病の症状が出ている人がいる

病院では筋肉量は測定しません。
病院の検査指標に入っていないのです。

筋肉が多いということはカラダを正常に保つために必要な運動量も多いのです。
運動量が足りなくなると筋肉は硬化して血流が落ちてしまいます。
特に背中の筋肉が硬化すると、脳への血流も落ちてしまいます。

筋肉が多すぎることが原因の方もいらっしゃるということです。

パーキンソン病は遺伝するという方もいますが、、、

姉妹でパーキンソン病の方がいますが、家系的に筋肉が多いタイプの方でした。
生活習慣で肉などたんぱく質が多い食事をすると筋肉が増えます。

つまり、遺伝というよりも食生活によりパーキンソン病になったと考えられます。

食事の調整による体組成のコントロール

単純な食事療法ではなく、その方の腸内環境に合った食事の調整が必要です。
スタジオでの無料相談でも組成は調べられますので、お気軽にご相談ください。

効果を実感してからお支払

5、外部要因:ストレス

パーキンソン病の原因5:大きなストレス

両親の突然の介護ストレスが原因になっている方

肉親の老化により、ご本人の感覚以上のストレスが長時間かかります。
ご本人の感じている以上に影響を受けている場合があります。

仕事や人間関係のストレスなど

若年性パーキンソン病は過度の仕事への没頭も多いようです。
生活習慣や環境の変更など含め、ストレスの除去が必須です。
年齢に合わせて仕事の仕方を変えるべきです。

体力が落ちる50歳以上は20代よりも知識も経験も違いますので、仕事の仕方を変えて当たり前です。

若い頃と同じ仕事の仕方をすると、カラダは壊れます。

6、外部要因:病気や怪我で動けなかった

パーキンソン病の原因6:病気やスポーツの怪我で動けなかった

使わない神経は徐々に細くなって切れる

動けなかったために、脳と筋肉の神経が切れたと思われます。
筋肉よりも先に神経が切れて筋肉を動かせなくなります。
つまり、体を動かさないでいるだけで、体は機能低下していきます。

パーキンソン病専門リハビリでは、丁寧に繋いでいくことで対処可能です。
神経束はセラサイズ・リハビリで、再生可能です。

7、外部要因:過去に激しい運動

パーキンソン病の原因7:過去に激しい運動をしていた

激しい運動をしていると、脳が主に大きな筋肉を使うようになる

逆に細かい筋肉を使えないようになります。

そして、運動不足で大きな筋肉も使わないようになると、、、
使わない筋肉は神経が切れて動かなくなります。

体に衝撃を受けると神経接続が正常ではなくなる

怪我の衝撃で神経系がバランスを崩すと周辺の制御も徐々に正常ではなくなります。
交通事故の後遺症に似ています。
放置していても自然には改善しません。

効果を実感してからお支払

パーキンソン病の改善は、原因に対策を打つことが重要

パーキンソン病はカラダのバランスが崩れた状態です。
正常ではなくなるので、警報として振戦やすくみ足などの症状が出ます。

振戦やすくみ足を緩和するクスリ(ドーパミン)をいくら飲んでも症状は進行します。
進行に加えて、副作用のリスクが非常に高くなります。

ウェアリングオフ(薬が切れるとオフ)もクスリの副作用(依存症)です。

パーキンソン病のクスリは警報を止めているだけ!火事は消えない!

原因対策

火事の時、うるさく火災警報がなります。

火災警報を止めても火は消えません。

火元の火災を消さないと、警報を止めても火事は燃え広がります。

それがクスリを飲んでいても症状が進行する理由です。

副作用のリスクをご存知でしょうか?

パーキンソン病は原因不明とされています。どうやってパーキンソン病のクスリは、原因がわからない症状を止めるのでしょう?
神経の遮断、、、? とても不思議です。

骨折した時に、痛み止めの注射を打つような感じでしょうか?
痛みは消えますが、骨折の治療には何の役にもたっていません。
むしろ、状態を教えてくれるカラダからの信号を切断する行為です。

クスリには常に副作用のリスク

パーキンソン病のクスリは精神科系のクスリなので副作用は非常に強力です。
幻覚、腰が曲がるなど多数あり、副作用かどうかも分からなくなります。

副作用かと思ったら、服用をやめて医師に相談するようにと取り扱い説明書には書いてあります。
スタジオではクスリが少ない人ほど早期に改善しています。
「良薬は口に苦し」と我慢して飲む方は悪化します。

パーキンソン病専門リハビリではカラダを直接修復します!

プレミアム・リハビリでは、火元を消火する原因対策に加え、独自技術によるカラダの調整により体を正常にしていきます。

身体が正常になると、見かけの症状は、いつの間にか消えて行きます。

効果実感保証制度
効果を実感してからお支払

プレミアムな表参道での最高レベルのリハビリもございます

お気軽にご相談ください。

こちらの記事もチェックしてみてください

あなたのパーキンソン病の症状は薬の副作用かも?
パーキンソン病の薬はとても強力です。・症状がパーキンソン病が原因なのか、クスリの副作用によるものなのか、お判りですか?・クスリが原因の副作用に対して、更にクスリを増やすことは、複雑な副作用につながります。・パーキンソン病のジスキ...
パーキンソン病を治す方法
パーキンソン病は医学的には原因不明の難病とされます。一般的には徐々に薬が増えながら進行するとされています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』の主役 マイケル・J・フォックスで有名になりました。パー

コメント

タイトルとURLをコピーしました