パーキンソン病 原因

パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病の事例:非常に優秀&感覚的に動く(60代女性)

パーキンソン病によるカラダの痛みは既になくなり、諦めかけていたヨーロッパ旅行にも行けて1日に1万5千歩以上歩いても平気になった。それ以来、度々海外旅行や別荘に行かれている。別荘や旅行に行くと調子が良い。意識すれば正しく歩けるが、普通に歩くと脚を少しひきづる。
パーキンソン病 情報と対策

振戦やすくみ足は警報!原因ではない

医学的には原因不明とされパーキンソン病の治療薬は残念ながらまだ、ありません。 パーキンソン病になると振戦やすくみ足などの症状が出ます。 自動車に故障がおこると警報が鳴ります。火事が起こると火災警報が鳴ります。 振...
リハビリ日誌

パーキンソン病という原因不明の病気

200年前からの新しい病気がパーキンソン病 ・パーキンソン病は、今から200年くらい前にイギリスの医者ジェームス・パーキンソン氏が初めて報告した病気です。・フランスのジャン=マルタン・シャルコー氏によって再評価され確立されていきます...
パーキンソン病 情報と対策

パーキンソン病の7つの原因

表参道セラサイズスタジオでの独自のカウンセリングを通じて、「パーキンソン病」になる7つの原因が浮かび上がってきました!パーキンソン美容と診断された多くの方が、上記に当てはまります。特に運動不足、睡眠不足、几帳面は、ほとんどの方が該当します。
リハビリ日誌

パーキンソン病の本当の原因とリハビリ方法【2】

パーキンソン病の方は、例えば足の動きばかりしていると、手が動かしにくくなったりします。 この状態は、スマホに例えると使える脳のメモリーが小さくなっている時に、足の制御のプログラムが脳をたくさん使うと、手が使えるエリアが減って手が動かしにくくなる?状態ではと想像しています。
リハビリ日誌

若年性パーキンソン病の本当の原因とリハビリ方法

リハビリで、今までに何人もの若年性パーキンソン病の方にお会いしてお話を聞きました。共通すると感じたのは、真面目で優秀な方が多いということ。さらにお仕事に全身全霊で打ち込んでいた方が多いということ。
リハビリ日誌

開発者のパーキンソン病【原因の考察】

医学的に原因とされているのは、 黒質の神経細胞の減少ドーパミンの不足ミトコンドリアの劣化活性酸素の増加 なぜ、そうなるかは説明されていません。 最大の特徴は人により全く症状が違うことです。 不思議なのは階段も登...
リハビリ日誌

第1回日本パーキンソン病コングレスで原因の仮説とリハビリをポスター発表

パーキンソン病は人ごとではありません。誰でも発症の可能性があります。 2015年6月24日・25日と茨城県水戸市で開かれた第1回日本パーキンソン病コングレスでセラサイズ・リハビリのポスター発表をしてきました。 発表で使ったポス...
タイトルとURLをコピーしました