パーキンソン病 治療

パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病を治す方法

実際にパーキンソン病が改善しているリハビリの考え方と方法のご紹介
パーキンソン病 情報・対策日誌

ZOOMパーキンソン病の無料説明会&リハビリ体験会

毎週土曜日の11時30分:無料説明会&リハビリ体験会 難病パーキンソン病の本質と対策を説明 聞けば納得のパーキンソン病の本質 実際にパーキンソン病を改善している考え方をご説明いたします。脳科学、細胞学の応用と理工学的な発...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病リハビリの秘密兵器

パーキンソン病は全員の症状も原因も異なります。 症状と状態に合ったリハビリ方法を毎日開発・選択しています。 パーキンソン病のリハビリは物理的な体の機能と脳の状態を分けて分析する必要があります。 パーキンソン病の物理的な体...
パーキンソン病 情報・対策日誌

セラサイズと運動の種類と運動量について

1,体の状況により適切な運動量は変わります。 セラサイズを始めたばかりの頃、体が運動になれるまでは運動のし過ぎに注意が必要です。 運動するときは記録を取りながら自分にとって適切な運動量を探しましょう。 『今日は調子が良い...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病のクスリについて

クスリについての記事を書きましたので、ご参考までに。 薬を飲んでもパーキンソン病は改善せず、進行します。 医学では原因不明とされ、治療薬がないことが原因です。 クスリについてスタジオで確認した事実だけ書きます。今後のクス...
パーキンソン病 情報・対策日誌

【セラサイズ・リハビリ会員の方へ】

改善途中時の注意事項 『常に余裕のある状態を保つと、カラダも脳も回復する!』 パーキンソン病は脳の影響で大きく変動します。感覚ではなく、冷静な分析と記録が必須です。 1,最初はできることが増えることに気づく。 2,...
パーキンソン病の改善事例

プレミアムリハビリの卒業の事例

今日、セラサイズ・プレミアム・リハビリの会員がお一人卒業。  今日卒業された方は60歳の男性。傾いたカラダも前に出ていた頭部も真っ直ぐになり、座っていると普通の人に見える状態でした。奥様の努力もあり、食事の調整から運動までしっかり徹...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病用セラサイズZOOMリハビリ会員の皆さんへ

セラサイズを行うときの体の使い方のポイント 体の力を抜いて、型だけを真似てもパーキンソン病のリハビリとしては効果が出ません。その理由は型を再現をしようとすると、力を緩めて型を作ることになります。楽に型を作れる人には刺激が入りません。...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の薬を変えることは慎重に

クスリの副作用がリハビリの邪魔をする 日々リハビリをしていると、どうしてもクスリのことは避けて通れません。 昨日のお客様は77歳。 僕は「あなたはパーキンソン病ではないと思います」と言い続けている方。最初はトイレにはいる...
パーキンソン病 情報・対策日誌

【重要】パーキンソン病を改善するための考え方

 ウェアリングオフ(ONーOFF)は薬の副作用です。 ドーパミンが不足した状態がOFFです。 クスリが切れた時と、クスリの効き始めの時、とても不安定な状態になります。カラダが一生懸命足りないドーパミンを調整しているからです。 ...
パーキンソン病の改善事例

無呼吸症候群用がパーキンソン病の改善を邪魔!?

50代のパーキンソン病患者でセラサイズのスーパープレミアムリハビリに通っている方の事例です。 通常、着実に改善していくのですが、時々、改善していた症状はが改善前に戻る時がありました。 その方がある日、颯爽とスタジオに登場! ...
パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病会員「10年ぶりにバッティングセンターで打てた!」

ZOOMのリハビリ会員の方で30代若年性パーキンソン病の女性の改善事例 セラサイズ・リハビリの時、 ・最初の動きで倒れて動けなくなっていた方です。 ・オフのときの状態が徐々に良くなってきました。 ・普段は歩行...
タイトルとURLをコピーしました