パーキンソン病 治療

パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病用セラサイズZOOMリハビリ会員の皆さんへ

セラサイズを行うときの体の使い方のポイント 体の力を抜いて、型だけを真似てもパーキンソン病のリハビリとしては効果が出ません。その理由は型を再現をしようとすると、力を緩めて型を作ることになります。楽に型を作れる人には刺激が入りません。...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の薬を変えることは慎重に

クスリの副作用がリハビリの邪魔をする 日々リハビリをしていると、どうしてもクスリのことは避けて通れません。 昨日のお客様は77歳。 僕は「あなたはパーキンソン病ではないと思います」と言い続けている方。最初はトイレにはいる...
パーキンソン病 情報・対策日誌

【重要】パーキンソン病を改善するための考え方

 ウェアリングオフ(ONーOFF)は薬の副作用です。 ドーパミンが不足した状態がOFFです。 クスリが切れた時と、クスリの効き始めの時、とても不安定な状態になります。カラダが一生懸命足りないドーパミンを調整しているからです。 ...
パーキンソン病の改善事例

無呼吸症候群用がパーキンソン病の改善を邪魔!?

50代のパーキンソン病患者でセラサイズのスーパープレミアムリハビリに通っている方の事例です。 通常、着実に改善していくのですが、時々、改善していた症状はが改善前に戻る時がありました。 その方がある日、颯爽とスタジオに登場! ...
パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病会員「10年ぶりにバッティングセンターで打てた!」

ZOOMのリハビリ会員の方で30代若年性パーキンソン病の女性の改善事例 セラサイズ・リハビリの時、 ・最初の動きで倒れて動けなくなっていた方です。 ・オフのときの状態が徐々に良くなってきました。 ・普段は歩行...
パーキンソン病 情報・対策日誌

第3回本当に改善しよう!パーキンソン病ZOOM無料公開講座(講演公開)

第2回も大好評で終了直後からたくさんのお礼のメールを頂きました。医学的にはパーキンソン病は原因不明とされており、治療薬がありません。表参道セラサイズ・スタジオでは脳と筋肉からの科学的な最新のリハビリで多くの方が改善しております。その秘密や...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の病院、医師の選び方

カラダの異常を感じて病院に行ってもなかなか原因がわからない 病院で色々調べた後で、パーキンソン病との診断される方が多いのです。パーキンソン病は明確な判断基準がないため、症候群と診断される方も少なくありません。従来では加齢による機能低...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病を治す方法

実際にパーキンソン病が改善しているリハビリの考え方と方法のご紹介
パーキンソン病の改善事例

急速回復中:大阪からの50代後半パーキンソン病の女性!

第2回パーキンソン病コングレスで、完治を宣言していた方に続いて、、、 Yさんは、第2回のパーキンソン病の学会のコングレスのポスター発表で完治宣言をされていました。 セラサイズで良くなり、Youtubeでもゴルフを再開したことを...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病 運動療法

運動療法によるパーキンソン病リハビリのメリットは、副作用のリスクがないということ。 クスリには副作用のリスクがあります。 パーキンソンのクスリの副作用は幻覚や、血圧変動など多岐にわたります。夜中に幻覚を見て叫び、転倒して救急車...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病:クスリは治療薬ではなく症状の緩和の機能!

毎日飲んでいるお薬ですが、パーキンソン病の治療薬だと思っていませんか?・・・残念ながら現在の薬は治療ではなく症状の緩和が目的です。パーキンソン病は、現代医学的には原因不明となっており、特効薬はないのです。
パーキンソン病 情報・対策日誌

診断基準は?あなたは、パーキンソン病ではないかもしれません

診断基準が病院や医師により随分違う! <診断基準> 難病情報センター以下の診断基準を満たすものを対象とする。(Probableは対象としない。) 1.パーキンソニズムがある。※12.脳CT又はMRIに特異的異常がない。※23....
タイトルとURLをコピーしました