週に3回以上ジム通いでもパーキンソン病

リハビリ日誌
Print Friendly, PDF & Email

『パーキンソン病は運動不足の方がなる病気』それが常識でした。
しかし、そうではない方が増えています。

Aさん・50代 女性

この方は首の横と下が硬く、脳への血流が落ちていると思われます。頭痛があり、右手が動かしにくい。右手右足に少し振戦。

現時点では、原因は右足をスキーで痛めたことがあり、その関係で脳神経系の接続がおかしくなったかもしれないと考察しています。

原因探求は徹底的に繰り返して行います。

スタジオのリハビリでは最初の4回で上半身、下半身、体幹、脳と順番にチェックします。

今回は、第1回なので上半身をチェック。

脳のコントロールレベルも高く、体の変化を感じられる方です。

週に3回以上ジム通いで、パーソナルトレーナーにもついてもらっています。しかし、それでも治らないのセラサイズスタジオに来店されたとのこと。

正確な動きができる、、、
実はこれが問題なのです。

正確に動けるということは使う筋肉が少ないということ!

セラサイズの全身調律後に、少しフリーズしました。

実はカラダからの情報が脳にたくさん送られるとフリーズします。つまり、それはカラダからの情報を感じて、考えていたということ。

脳に刺激が入ると、皆さん動かなくなります。中には、流れる情報量を感じる方もいます。

この方の場合、運動中は腕の中の筋肉も動いていました。全身チューニングにより全身の筋肉バランスの調整を脳が行うのです。

次回は膝&下半身を調整する予定です。

セラサイズは何かを治すのではなく、カラダを正常にする動きなのです。

運動により正しい情報を脳に送れば、脳が自分でカラダのバランスを取り体を正常にします。

簡単に動けるようでも、運動がカラダに与える影響はとても複雑です。
しかし、実は論文としては研究のピークは30以上前に終わっており、研究しても評価されません。

多くの方はiPS細胞や創薬の研究をしています。

一方、我々は運動の意味とカラダへの影響をそれを研究している研究所なのです。多くのパーキンソン病の方の症状を改善できることを沢山の方が認めています。

本気で治したい方、まずは無料相談をお申し込みください。

セラサイズは効果をお感じ頂いた上でリハビリをスタートします。初回体験後に効果をお感じ頂けない場合はお支払いは不要です。

しかし、無料相談と有料体験後を受けて、ご入会いただく確率は98%以上です。

パーキンソン病の症状の多くは原因に対策をすることにより改善できます。

お気軽にご相談ください。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?

数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。

【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

リハビリ日誌
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました