パーキンソン病のクスリについて

パーキンソン病のクスリについてパーキンソン病 情報・対策日誌
この記事は約2分で読めます。

パーキンソン病のクスリは、すぐに効果がありましたか?

効果を感じない場合は、飲まない方が良いかもしれません。
なぜなら、症状を緩和するためのクスリだからです。

また、強い副作用の可能性があるので、副作用があった場合はすぐに服用を止めるように、クスリの取扱説明書には書いてあります。

クスリの調整に時間を割いていませんか?

クスリは症状の緩和の効果しかありません。
怪我をしたときに麻酔薬を飲むと痛みは感じませんが、怪我が治るわけではありません。

3種以上の薬の飲み合わせはテストされていません。

スタジオでも組み合わせにより「突発性の睡眠」などの副作用が出た方がいました。

病院で出るパーキンソン病のクスリは治療薬ではありません

病院で出るパーキンソン病のクスリは治療薬ではありません

症状を「緩和するかもしれない」お薬です。
緩和しないクスリもあります。

パーキンソン病は全員の症状が異なるので、医師も最適な薬を選べない

パーキンソン病は全員の症状が異なるため、医学的には原因不明とされています。
そのため治療薬は残念ながらありません。

現代の医療システムは感染症対策が生い立ちなので、原因を探すシステムはありません。(厚生労働省も認めています。)

あなたのパーキンソン病の診察時間は、何分ですか?

多くの方は数分です。
数分であなたはご自身の症状を伝えられていますか?

あなたのパーキンソン病の診察時間は、何分ですか?

お医者さんは全員の症状が違うのにあなたに最適なお薬を出せると思いますか?
どう考えても物理的に無理なのです。

普通の病気のクスリは医師の指示に従って飲むのが正しいです。
しかし、パーキンソン病のクスリは出来るだけ少なくするつもりで、ご自身で調整するつもりで考えて先生に希望を言って調整すべきだと思います。

薬を言われたとおりに飲むだけでは、症状は徐々に進行

副作用も増えていきます。
パーキンソン病が徐々に進行すると言われる理由です。

治療効果のある原因対策と効果的なリハビリを行わないから進行するのです。

クスリだけでは症状は改善しません。

パーキンソン病のリハビリは効果を実感してからお支払い
タイトルとURLをコピーしました