パーキンソン病リハビリ 体験記【モニター会員・K様】03

パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例
Print Friendly, PDF & Email

2018年2月9(金)セラサイズ施術 体験記

食事の栄養バランスが、とても大切であると教わった。
自分にとり最適なバランスの食事とはどのようなメニューかを念頭におかなくてはならない。

肉類・魚類を控えて、炭水化物を増やすよう指摘があった。

リハビリ体操を長めに行った。
上半身の筋力が、少ないとのこと。

肩の高さで棒を水平に持ち、棒に負荷をかけて、棒を押し上げたり、引き下げたりするうちにみるみるうちに筋力がよみがえった。

脳の中で神経がつながったからだそうだ。その効果に大変驚いた。

これを、「すくみ足」「振戦」の改善に応用する方法があれば、是非ともお願いしたいと存じます。

前回の記事

パーキンソン病リハビリ 体験記【モニター会員・K様】01
病歴8年ほどで今に至るまで病院治療中。治療方針は一貫しています。それは、体内で分泌されるドーパミンの代替物質の薬剤の投与ですが、効き目は今一つで、完治しないままゆっくりと、しかし確実に症状が進行しています。
パーキンソン病リハビリ 体験記【モニター会員・K様】02
奇麗で清潔感のあるスタジオで表参道駅から数分なのが有り難いです。スタジオでは、施術前のカウンセリングに時間をかけていますが、いろいろな貴重なお話しや、気づきがあります。壁一面に張った鏡で、教えられた姿勢と独特の動きの体操をしますが、経験したことのない不自然な動きなのでついて行くことが出来ないので自宅で自主トレが必要です。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました