パーキンソン病の治療方法

パーキンソン病の治療方法パーキンソン病 情報・対策日誌
この記事は約5分で読めます。

表参道セラサイズ・スタジオはリハビリ・サロンも経営する脳と筋肉の研究所です。
最新の脳と筋肉を活性化する独自のリハビリ方法により症状を確実に改善しております。

パーキンソン病は医学的には原因不明とされて病院には治療法や治療薬はありません。

病院の治療法(対処療法)の概要

1,パーキンソン病の症状を緩和する目的でドーパミン系のクスリを出します。
  徐々にクスリが増えながら症状は進行します。
  副作用のリスクがあり治療薬ではない。

2,通称:DBS (deep brain stimulation) 機能的手術 – 脳深部刺激療法
  脳に電気刺激を入れて動きの改善を目指す。日本では2000年4月に保険適用となりました。
  スタジオの会員に聞いたところ、半年ほどは改善したがその後はもとに戻ったとの意見あり。
  最終的な解決法ではない。

3,通称:デュオドーパ
  胃ろうで小腸の空腸まで管を挿入し、少量の薬を体外式ポンプで定期的に自動投与する。
  全身麻酔による開腹手術が必要で術後合併症の危険がある。
  使用時の注意点として、胃石ができやすい繊維質食材への配慮などある。
  最終的な解決法ではない。

詳しくは医療施設のHPなどでご確認ください。

上記の情報は、パーキンソン病患者の会員さまからの情報をまとめたものです。

パーキンソン病の症状を改善するセラサイズ・リハビリの独創的な発想

パーキンソン病患者の症状は人により全く異なる!

手の震えは振戦といわれ、同じと思われていますが、人により手の震え方は異なります。
つまり、「あなたとほかの人との手の震え方が違う」のです。
当然、原因も違うと考えるべきでしょう。
原因対策が必須です。

脳に刺激を与えるために毎回異なった動きで行うリハビリ

従来の同じことを繰り返すリハビリではなく、毎回異なった動きにより脳まで機能回復させるのが脳と筋肉を活性化するリハビリなのです。
その日のカラダの状態に合わせた効果的な動きにより、カラダを確実に改善します。

パーキンソン病の原因は機能低下

人によりカラダの機能低下だけの方、小脳、大脳の機能低下もある方などいろいろです。
機能低下なので、回復した時は歩けるのです。
脳の回復は早いのです。

状態と原因に合わせた脳を活性化する特別なリハビリにより1回目から回復します。
毎回のリハビリで効果を実感できない場合はお支払いは頂かない社内ルールです。

全く症状が異なるのにパーキンソン病と診断

パーキンソン病は典型的な症状がいくつかあると命名されます。
医学的な分類としての病名なのです。

実際には100人患者がいると症状は100人とも違います。
スタジオで顔を合わせると皆さん、他の方と自分が全く違うことに驚かれます。

2019年4月 京都 パーキンソン病世界大会のマーク

今の医療システムは原因を調べる機能がないので治せない

現在の医療システムは感染症対策として創られたので原因を調べる機能はないのです。
症状に対して薬を出す対処療法なのです。

クスリがないために難病と言われる病気が300種類を超え、保険料の3割を超えています。(糖尿病、認知症、膠原病など)

難病は今の医療してテムでは治すことができないのです。
このことは内閣府や厚生労働省関係の文書でも指摘されています。

病院は従来のウィルス対策と同じように症状を緩和する可能性がある薬を出しています。
全員の症状が違うので、あなたに最適な薬を出すことは簡単ではありません。
飲んでもらった感想をもとに調整しています。

精神科系のお薬なので、強力な副作用のリスクがあります。
一時的に効果はあっても、幻覚、突発性の睡眠、ギャンブル依存症など多岐にわたります。

副作用の恐ろしい点は、副作用かどうかすら、わからないということです。

原因調査&対策のリハビリでたくさんの方が改善

クスリは出来るだけ少なめ、出来れば飲まない

病院で出されるクスリは治療薬ではなく、症状を緩和する可能性があるクスリにすぎません。
リハビリによるカラダの回復に従い、医師に相談して薬を減らしてもらいます。

ドーパミンを中心としたクスリですが飲み続けていると徐々に効かなくなります。
薬を飲まないと動けなくなる薬物依存症状態になりクスリが増えます。
そして、進行も止まりません。

火事の時に火災報知器を止めても火は消えない

症状はカラダからのアラームで、問題の本質ではないのです。
これがパーキンソン病が徐々に進行すると言われる理由です。

パーキンソン病の症状は警報

パーキンソン病の改善の秘密は二つ

1、原因を調べるカウンセリング

症状が違うのは原因が違う、あるいは人によりカラダの機能低下部位が違うからです。
自律神経系に影響が出ると、血圧や汗などいろいろな症状が出ます。
原因対策を行わないと、改善してもまた元に戻ってしまいます。

2、カラダの筋肉や神経伝達系の以上の補正

筋肉や神経伝達系の異常はカラダを動かすセラサイズの約4000種類の動きの中から選んだ効果的な動きで補正していきます。
出来ないことのほとんどは出来るようになっていきます。

詳しくはこのHPの中のいろいろな情報をご覧ください。

医学ではなく、元システムエンジニアの理工学的なアプローチがポイントです。

システムエンジニアは、目先の異常には目を奪われません

根本原因を探して対策を行うと、すべての目先の症状は自然と治ることを知っています。

効果の保証:毎回、効果を実感してからお支払い

パーキンソン病は全員の症状が違うため、 セラサイズでも必ず改善できるとは言えません。ですから毎回効果を実感してからのお支払いです。

実際はほとんどの方が毎回効果を実感しています。

有料体験も効果を感じない場合はお支払い不要ですので、安心してご相談ください。

パーキンソン病のリハビリは効果を実感してからお支払い
タイトルとURLをコピーしました