パーキンソン病専用リハビリ:Iさんの推薦文

パーキンソン病専用リハビリ:Iさんの推薦文 パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例
パーキンソン病専用リハビリ:Iさんの推薦文
Print Friendly, PDF & Email

60代男性 元大手サービス業 不動産投資家

セラサイズ体験記

60歳を過ぎた頃から、永年続けていたジムトレーニングがきつくなり、歩行姿勢も前かがみになってきた。その時は「加齢による、機能低下?」と思い込んでいたが、手の震えが始まり、専門医の診察を受けた。

症状は、無動(動きが緩慢)、筋固縮(肩、腰、腕、指が動かしにくい)、振戦(手の震え)、姿勢反射障害(体のバランスがとりにくい)などで、即座にパーキンソンとの、診断がでた。

本来なら投薬と理学療法士によるリハビリが、パーキンソンの標準治療法の様だったが、薬剤の副作用について懸念があったため、ネット検索でセラサイズに行き着いた。

最初はセラサイズの効果について半信半疑だったが、初回体験を受けてみてその効果を確信した。

週に1回、30分のカウンセリングと60分のリハビリに加えて生活習慣の見直しで、症状は着実に改善してきた。

パーキンソンは、進行性の難病と言われているが「脳に筋肉の使いかたを覚えさせる」、「健康な生活習慣を身につける」、「体組成を改善する」などという小川理論で、多くの方が、改善や完治を目指せると思う。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なり、効果も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました