【60歳女性】激しい運動をしていた人が運動をやめると・・

リハビリ日誌
Print Friendly, PDF & Email

体調が悪く頭痛も時々で手が震える。

パーキンソン病との診断も出ている。しかし、腕立てをすると平均的な女性の2倍やっても「全然平気!」とのこと。

もともと部活で激しい運動をしており、筋肉も多い。そんな人が運動を全くしない生活習慣になったことが原因と分析しています。

カラダは環境に依存して変化します。

しかし、基本的に健康を維持するために必要な運動量と運動の種類が人により異なるのです。健康維持に必要な運動量が足りない状態が長く続くと徐々に体調が悪くなります。

そして、手が震えるなどの症状が出ます。

病院に行き「手が震えます」というとパーキンソン病と疑われ、ドーパミンを飲んで症状が緩和すると「パーキンソン病です」と診断がでます(難病センターのパーキンソン病の診断条件)。治療薬がないので症状を緩和するドーパミンなどが処方されます。治療薬ではないので飲み続けても改善はしません。

パーキンソン病は全員の症状が異なります。つまり病気ではなく体調や脳のバランスが崩れた状態と考えるとすべての説明ができます。とても複雑な人間のカラダのバランスが崩れた状態ですから、特効薬もありません。

セラサイズは、徹底したカウンセリングによる原因分析と、無理なく効果的な独自の運動方法を提供しています。

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

パーキンソン病「無料セミナー」
パーキンソン病「無料セミナー」

【登録特典】として、「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病」の小冊子のPDF版を差し上げます。

リハビリ日誌
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました