パーキンソン病の症状 大脳の機能低下

パーキンソン病 情報・対策日誌
Cerebrum
この記事は約1分で読めます。

パーキンソン病、、、大脳も低下していませんか?

会話の返事を早く返せない。電話の会話が、、、オカシイ?

道順を聞いてもたどり着けない、、、
自分のルールにこだわって行動しないと不安、、、

実は脳の機能低下に気づいていて、内心焦っている。

パーキンソン病の症状は軽いかも?

パーキンソン病の症状は軽くても脳の反応が遅いために症状が悪化しているように見える?

自分に自信がなくなると、動けるのに動くことができなくなります。そのため、パーキンソン病の症状が悪化しているように見えます。

そんな、パーキンソン病の方もいらっしゃいます。

脳への血流を上げるとパーキンソン病の症状は改善

しかし、一般的な整体や鍼灸ではパーキンソン病で固まった筋肉は柔らかくなりません。

普通の肩こりなどは、一時的に筋肉が固まった状態なので外からの刺激でもとに戻ります。パーキンソン病で固まっている筋肉は脳が正しい形と思って固めていると考えられます。

ですから外からの刺激では柔らかくはならないのです。

セラサイズは脳に情報を送って、正しい状態に戻すので固まった筋肉も自然と柔らかくなるのです。

すると脳も本来の機能を回復していきます。

パーキンソン病のリハビリは効果を実感してからお支払い
タイトルとURLをコピーしました