リハビリの最終段階は脳の調整

リハビリ日誌
Print Friendly, PDF & Email

開発者のパーキンソン病会員様対応記録【02】

Bさん・60代 男性

パーキンソン病のクスリが切れるタイミングでご来店。

でも動けた。歩行も可能。
おそらく脳も回復しており、運動の再教育を行えば薬なしでも動けそう。

つまり完治に近い状態。

帰りに不安なのでということで薬を飲んだところ、逆に足元がおぼつかない感じでご帰宅。個人的には飲まなくても帰れる可能性が高いと思いました。

でもご本人からすると、恐怖感を拭い去ることは簡単ではありませんので、無理は言いません。

クスリの調整は焦らず、先生に相談しながら慎重に行う必要があります。

カラダは治っても、脳がカラダの改善を認識しないと古いデータで動きます。
すると、歩けなくなったりします。でも、何かの拍子に調子よく歩けたりします。

脳と体は別々なのです。
車に例えると、カラダは車体で脳は運転手なのです。

車体の足回りやエンジンをパワーアップしても、運転手がうまく使えないと早くは走れません。すくみ足は、カラダと脳が分離して動いているように見えます。

人によっては脳と体を意識しなくても、自然と歩けるようになる方もいます。カラダを治したあとは、脳と体の調整が必要な人も少なくありません。

セラサイズ・スタジオではこの脳の調整を行っています。

表参道セラサイズスタジオでは、脳の調整や切れた神経の接続も行っております。お気軽に、ご相談ください。

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?

数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。

【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)

セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、「各種DVD」およびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

リハビリ日誌
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました