44歳の手に痛みがあるパーキンソン病の女性

リハビリ日誌
Print Friendly, PDF & Email

2018年3月13日

今日は44歳のパーキンソン病と診断された女性のリハビリ。

症状は左腕と左足の震え。左手の痛み。

調べた結論は、若い頃、20代はスノボーで激しく運動していたが30代からドンドン運動量が減少。最近はほとんど何もしていない。

左右非対象の動きで股関節関連、転倒のショックで左肩を痛めた感じ。筋肉を動かす神経系がおかしくなると、正常なコントロールができなくなる。

適度な運動をしていると、脳からの命令は徐々に正常に補正されるが、運動していないと、間違った神経接続がそのままになる。

異常な状態の体を動かすために周辺の筋肉も最適ではない状態になっていく。

それが積み重なって全身に広がっていくと、震えなどのパーキンソン病の症状が現れると細胞活性研究所では考えている。

いまは左手の痛みはかなり減り、動かさない限り痛みは消えました。左の肩も動くようになりました。

でも、もう少し時間が必要です。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?

数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。

【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)

セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、「各種DVD」およびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

リハビリ日誌
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ
タイトルとURLをコピーしました