表参道セラサイズ・スタジオ
【会員制】プライベート・リハビリ・サロン
東京都港区南青山 表参道駅B3出口1分(月曜定休)
Mail : info@cellacise.com
Phone :03-6805-0943

パーキンソン病の薬を限界以上に飲んでいたら突然腰が曲がり歩けなくなった

開発者のパーキンソン病会員様対応記録【04】

Dさん 80代 女性

今回が初回。

腰が横に曲がっている。
薬を限界以上に飲んでいたら突然腰が曲がり、歩けなくなったとのこと。

パーキンソン病の薬の副作用の可能性が大きい?
副作用は人により異なるので、医師も製薬会社も予想できません。
多くの人が副作用であることに気づいていません。

まずは、カラダの固まっている部位を緩めながら、カラダの状態をチェック。

今回はまず、下半身をチェック。
次回は上半身。

固まっていた上半身を正常な状態にすると、曲がっていたカラダは少しまっすぐになりました。
しかし、腰周辺も固まっていて使えない状態。
次回以降には腰周辺も調整していきます。

人間は一度には数個の不具合しか感じないようです。
ですから、一番悪い症状が改善すると、次に悪い症状が気になり始めます。
多くの方は治った症状は忘れてしまいます。

スタジオでは定点観測的に毎回カウンセリングの記録をとり、それを基準とします。
ご本人の感覚だけだと、正確な対応はできないのです。
実はリハビリはすべてビデオでとって、その後必要があれば見直してリハビリ効果を高めています。

セラサイズだけがパーキンソン病の症状を確実に改善している秘訣の一つです。

Comments

comments

セラサイズ パーキンソン 無料相談&体験

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る