クスリでは改善しないパーキンソン病

パーキンソン病の原因は医学的には不明とされています リハビリ日誌
パーキンソン病の原因は医学的には不明とされています
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病の原因は医学的には不明とされています

一般的にパーキンソン病はドーパミンの不足、黒質の変性などが原因と推測されています。それはドーパミンを補給するクスリを使うと、明らかに動きやすくなり回復状態に戻るからです。

帯広の大学がしばらく前に脳の別の部位に刺激を与えるとパーキンソン病の症状が改善するという実験結果を発表していました。それを考えると、パーキンソン病の症状のすべてを黒質のせいにはできません。

なぜ、ドーパミンが不足するのか、黒質が変性するのかはわかっていません。

同じ症状にしか見えない状態でも、ドーパミンが効果がないとパーキンソン病との診断はおりません。実はドーパミンが効かないためにパーキンソン病と診断されない方が沢山います。

典型的な分かりやすいよう症状に名前を付けたのが実態ではないかと思います。

クスリは根本的治療方法ではないので症状の緩和しかできません。しばらくすると副作用が出たり、突然効果がなくなる場合も珍しくありません。

クスリの服用だけでは完治しないのがパーキンソン病

医学的には原因が未だに解明されていないため、治療薬がないのです。

我々は医学とは全く異なる仮説をもとにしたアプローチで効果を出しています。

カラダは本来自分を修復する機能を持っています。

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました