震戦(しんせん)とは

リハビリ日誌
Print Friendly, PDF & Email

セラサイズ for パーキンソン病では震戦(震え)の理由は大きく分けて2種類と考えています。

1、一つはクスリの量が多すぎるために発生する場合や副作用
2、もう一つは、脳が正しくカラダを制御できない状態、命令が間違っている状態

現代の医学はものすごく高度になっています。

しかし、筋肉は非常に複雑なために、まだ研究は進んでいません。病院に筋肉科はありませんし、打撲や筋肉痛の時も湿布しか手立てがありません。

我々は脳、筋肉、運動を生業としており、毎日沢山の実験を行なっています。

その経験から脳が命令を間違えることを確信するに至っております。
現在、学会に発表するために研究論文も準備中です。

命令の間違いを治す技術も確立しており、リハビリにも応用しております。

筋肉は使っていないと神経が切れて動かせなくなります。

例えば、骨折でギブスで長期間固定すると動かせなくなることは有名です。神経は常時繋ぎなおしています。

色々な理由で、間違って繋がる場合もあるのです。

そうなると、筋肉には矛盾した命令や間違った命令が届きます。その状態が震戦です。上記の説明はまだ、論文にはなっていません。

しかし、この仮説のもとで、スタジオでは改善効果が出ております。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?

数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。

【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)

セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、「各種DVD」およびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

リハビリ日誌
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました