パーキンソン病

パーキンソン病 情報・対策日誌

すべての曜日でパーキンソン病専用ZOOMリハビリ受講可能

【セラサイズ・リハビリについて】まだ医学になっていない最新の脳科学と細胞学から開発された最新の運動理論を元にしています。現代医学では治らない、改善できないと言われるパーキンソン病ですが、多くの方が改善しています。 スタジオのプレミア...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病用セラサイズZOOMリハビリ会員の皆さんへ

セラサイズを行うときの体の使い方のポイント 体の力を抜いて、型だけを真似てもパーキンソン病のリハビリとしては効果が出ません。その理由は型を再現をしようとすると、力を緩めて型を作ることになります。楽に型を作れる人には刺激が入りません。...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の薬を変えることは慎重に

クスリの副作用がリハビリの邪魔をする 日々リハビリをしていると、どうしてもクスリのことは避けて通れません。 昨日のお客様は77歳。 僕は「あなたはパーキンソン病ではないと思います」と言い続けている方。最初はトイレにはいる...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病患者の正しい運動の仕方

皆さん、どんな運動をされていますか? 同じ運動の繰り返しはパーキンソン病にはあまり効果は出ません。 逆効果になる場合もあります。同じ動きをするということは、同じ筋肉しか使わないからです。 従来の運動の常識は「効果的な動...
パーキンソン病 情報・対策日誌

副作用が怖いパーキンソン病のクスリ

スタジオのお客様の中で副作用のリスクが大きいと思われるクスリの情報を公開いたします。
パーキンソン病 情報・対策日誌

【重要】多くの方がご自身のパーキンソン病の本当の症状を誤解しています

パーキンソン病の症状に関する誤解
パーキンソン病 情報・対策日誌

【重要】パーキンソン病を改善するための考え方

 ウェアリングオフ(ONーOFF)は薬の副作用です。 ドーパミンが不足した状態がOFFです。 クスリが切れた時と、クスリの効き始めの時、とても不安定な状態になります。カラダが一生懸命足りないドーパミンを調整しているからです。 ...
パーキンソン病の改善事例

無呼吸症候群用がパーキンソン病の改善を邪魔!?

50代のパーキンソン病患者でセラサイズのスーパープレミアムリハビリに通っている方の事例です。 通常、着実に改善していくのですが、時々、改善していた症状はが改善前に戻る時がありました。 その方がある日、颯爽とスタジオに登場! ...
パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病会員「10年ぶりにバッティングセンターで打てた!」

ZOOMのリハビリ会員の方で30代若年性パーキンソン病の女性の改善事例 セラサイズ・リハビリの時、 ・最初の動きで倒れて動けなくなっていた方です。 ・オフのときの状態が徐々に良くなってきました。 ・普段は歩行...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病は感覚的に動くと、体は改善しない!

パーキンソン病の脳の制御の仕組み パーキンソン病でお困りの多くの方が、調子が良いと「動けるときにやっちゃおう!」とか「思いっきり動くと気持ち良い!」とか思いがちです。。 でも、その後、逆に調子悪くなっていませんか? 「火...
パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病30分リハビリで効果を実感した女性からの電話

必ず、体験で効果を実感してからご入会して頂きます。 体験者のほとんどの方が、ご入会されます。 先日体験の70代女性は、効果を実感されましたが、会費が高く、長くは続けられないのでと辞退されてお帰りになりました。(今はリーズナブル...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病:43歳主婦の改善後の感想

パーキンソン病との診断を受けたのは2020年の12月 43歳の主婦です。その1年ほど前から、右手と右足の動きにくさを感じていました。病院で処方された薬を飲みはじめましたが、不眠や吐き気などの副作用もあり、運動療法に切り替えようと薬を...
タイトルとURLをコピーしました