パーキンソン病 カウンセリング

パーキンソン病の改善事例

パーキンソン病で歩けないはずが、駅前の回転寿司まで10分歩いて食事&帰宅

パーキンソン病の症状は軽いが、クスリが多いために体調の変化が大 パーキンソン病のクスリの影響 Iさん 60代男性 一般的にはクスリは3時間から4時間持つ人が多いが、2時間ごとに飲んでいた。動けるときは動けるが、2時間を過ぎると...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の無表情の改善方法

「仮面様顔貌(かめんようがんぼう)」はパーキンソン病の典型的な症状の一つです。全く表情がなくなり、能面のような顔になります。仮面様顔貌の治療方法は、病院では確立されていません。
タイトルとURLをコピーしました