あなたのパーキンソン病の症状は薬の副作用かも?

薬の副作用 パーキンソン
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病の薬はとても強力です。

・症状がパーキンソン病が原因なのか、クスリの副作用によるものなのか、お判りですか?
・クスリが原因の副作用に対して、更にクスリを増やすことは、複雑な副作用につながります。
・パーキンソン病のジスキネジア、幻覚、カラダが曲がるなどの多くはクスリの副作用です。

パーキンソン病 薬の副作用

クスリの副作用は個人により異なるので医師も製薬会社も予測できません。

以下の症状の多くはパーキンソン病のクスリの副作用です。
ほかにも、何が起こるかわからないのが副作用なのです。

頭痛、臭覚異常、味覚異常、起立性低血圧、頻尿、便秘、腰痛、異常な発汗、幻覚、認知症、抑うつ、腰が急に曲がる、薬を飲まないと動けなくなる

パーキンソン病のクスリの副作用に対して、さらに別のクスリを飲むことは最悪の対処方法

パーキンソン病のクスリは治療薬ではありません

医師任せにしないで、ご自身とご家族でクスリの副作用をよく観察し確認しましょう。薬を変えた時などはご家族で異常がないか、新たな変化をよくチェックしてください。

クスリ漬けにならないために大切なのはご家族のご協力です。クスリの取り扱い説明書も書いてありますが、慎重にクスリの影響を観察して、異常時はすぐに服用をやめてください。
パーキンソン病のクスリは治療するわけではなく、症状の緩和機能だけだからです。
それに効果がなくても副作用の可能はあるのです。

パーキンソン病の症状(パーキンソニズム)は、いわば、カラダの警報です。
正常でなくなると「振戦」「手の震え」「すくみ足」等の症状が出るのであり、原因ではありません。
医学的には原因は不明とされ、典型的な症状があり、ドーパミンが効果があると「パーキンソン病」と診断されます。

「振戦」「手の震え」「すくみ足」等の症状は人により原因は異なるのです。
症状の緩和は警報を止めているだけなので、クスリを飲むだけでは症状は進行するのです。
ですから、ひとつひとつ「症状の原因」を考えていくことが重要です。

■ こちらの記事もチェックしてみてください

パーキンソン病の7つの原因
表参道セラサイズスタジオでの独自のカウンセリングを通じて、「パーキンソン病」になる7つの原因が浮かび上がってきました!パーキンソン美容と診断された多くの方が、上記に当てはまります。特に運動不足、睡眠不足、几帳面は、ほとんどの方が該当します。
パーキンソン病を治す方法
パーキンソン病は医学的には原因不明の難病とされています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』の主役 マイケル・J・フォックスで有名になりました。ボクサーのモハメッド・アリや永六輔さんもパーキンソン病
パーキンソン病:クスリは治療薬ではなく症状の緩和の機能!
毎日飲んでいるお薬ですが、パーキンソン病の治療薬だと思っていませんか?・・・残念ながら現在の薬は治療ではなく症状の緩和が目的です。パーキンソン病は、現代医学的には原因不明となっており、特効薬はないのです。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?
数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。 【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)
セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、「各種DVD」およびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ
タイトルとURLをコピーしました