すくみ足の対策を公開!:パーキンソン病対策

パーキンソン病 情報と対策
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病患者は階段の上り下りは、無理なくできます。

走ることもでき、自転車にも乗れます。しかし、自転車を降りて歩こうとすると、すくみ足になり歩けません。すくみ足は、パーキンソン病の典型的な症状の一つです。

このページでは、一般的な対策と、独自で発見しスタジオで使用しているすくみ足の対策を公開しています。

パーキンソン病 すくみ足の対策

一般に言われている簡単なすくみ足対策

<<効果があるとの話を聞いて実際に効果を確認したもの>>

1、床に白いテープを横に貼る

間隔は適当でよく、不均等でも大丈夫です。特に夜トイレに行く時に有効です。
→ テープを見ると無意識に大脳が歩幅をコントロールすると考えられます。
最近はレーザー光線で線を引いてくれるパーキンソン病用の杖も発売されています。

2、後ろで手を組む

会員さんが教えてくれました。

後ろで手を組むと前に倒れた時に腕が出にくいために、大脳で慎重に動くようになり歩きやすくなります(無意識で動こうとすることが一番よくありません。)

3、すくみ足時に、片足を後ろか横に振り上げると足が前に出る

すくみ足の時は、恐怖ですくんだような状態で脳が動かなくなり、冷静に考えられなくなります。どこかを動かすと、小脳が動き始めます。

パーキンソン病のすくみ足は、動き始めると歩くことができます。

4、当協会のお勧め:「ゆっくり動く」

気持ちは急いでいるのに、足はゆっくりしか動かないのですくみ足!
早く動こうとするからすくみ足になります。

落ち着いて、ゆっくり一番動かしにくい足の感覚に合わせて動くとすくみ足は改善できます。感覚的に動くことが最もよくありません。

【独自に発見した画期的なパーキンソン病対策】出したい足と反対側に腰を少し移動する

足が出ないのは、体重がかかったままだからなのです。ですから、腰を逆の足の方向に少し動かすだけで対策になります。

そうすると、荷重が抜けるので足を出せます。

実はパーキンソン病のすくみ足という症状は、小脳の機能低下により、体重の移動がうまくいかないと起こります。

健康な人は、小脳が自動的に出そうとする足の荷重を抜いてくれるので足を出せるのです。小脳が機能低下すると、体重の移動をしてくれないので足が出ないのです。

スタジオのパーキンソン病のリハビリの基本

手と足が合わない場合も良くありますが、神経接続の修正で手足を連携できるようにできます。

お客様の症状や原因を探し出して、お客様に最適な対策を行います。カラダ、脳の機能が回復すると、自然とすくみ足が消えていく方もいらっしゃいます。

感覚的に動くときは、小脳が制御しています。大脳で考えながら動かすと、すくみ足もある程度改善できます。意識して動かすことが重要です。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました