パーキンソン病の運動のポイントと注意点

パーキンソン病の運動のポイントと注意点パーキンソン病 情報と対策
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病はたくさん運動した方がカラダは動くようになる?

そう書くと「筋トレや、頑張って運動をしよう」と思いがちです。

でも、筋トレはパーキンソン病向けの運動としては最適ではありません。

がんばって動かし過ぎたり、強い刺激をカラダに与えると、カラダは固くなってしまいます。もちろん、翌日以降に筋肉痛も出てきます。筋肉痛が起きたときは運動の刺激は強すぎます。

人間のカラダの細胞は平常時は最大筋力の20%しか使っていません。そして、30%以上の負荷を繰り返しかけると細胞は変化し始めます。しかし、負荷が60%位を超えたあたりで細胞の変化率は最大値になります(このことは30年以上前のハーバード大学の論文や、東大の論文でも発表されています。)

筋トレは筋肉を太くするために、高い負荷をかけますが、健康管理に高い負荷は不要です。「表参道セラサイズスタジオ」では高い負荷をかけませんが十分カラダが変わって体型も変わっています。

自分に合った適度の運動の種類と強度を探すことが重要です。

パーキンソン病には筋トレより精緻な動作が効果的

実は重い物を持ち上げる筋トレよりも、精緻な動作の時の方が脳の血流が上がることが脳科学の実験で分かっています。

つまり、頑張って重い物を動かそうとするより、考えながら指先の複雑な動きをコントロースしたときの方がシナプスがつながるなどの反応が起こり、脳の血流が上がるのです。

これがパーキンソン病のセラサイズが効果的な理由の一つです

ほとんどの運動は、いかに高い負荷をカラダに入れるかという見地で作られている運動です。

負荷の上限の制限がないのです。
そのため、アスリートですらケガをします。

「セラサイズ by 脳細胞活性ストレッチ理論」は動きのカラダや脳に与える影響を考慮して動きを設計しています。負荷の上限も決まっています。

それに加えて3800種類以上の効果的な動きがあるので、改善効果が出ています。

セラサイズ以外で本当の意味で科学的にパーキンソン病専用の動きを考えて効果が出ている運動は海外にも無いと思います。

体験された方の多くは効果を実感されます。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?

数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。

【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)

セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、「各種DVD」およびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

パーキンソン病 情報と対策
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ
タイトルとURLをコピーしました