元芸能人の藤川英二さん:「歌ネット」の創始者

藤川英二氏 パーキンソン病の改善事例
藤川英二氏

若い頃から芸能界で活躍された藤川英二さん。

ビートたけしのバンドの音楽を7年間プロデュース
著書も出されていて、「歌ネット」の創始者でもある凄い方です。

セカンドライフを満喫しようと思っていた66歳の2017年10月に「パーキンソン病」と診断。

ネットで「セラサイズ 」知り、北海道に移住されるまでの10ヶ月ほどスタジオでパーキンソン病専用リハビリ・セラサイズを受けられ回復しました。

「セラサイズ パーキンソン病リハビリ」を紹介しているページ

サイトにもありますが現在、「パーキンソン病の症状は出ていない」とのことでその際のことを体験記として書かれています。

脳細胞を活性化させる「セラサイズ」の秘密 | パーキンソン病と運動療法
脳細胞活性ストレッチ運動は、初めての運動や経験が脳に刺激を与え、ニューロン同士のシナプスが増え、ニューロンを支えるグリア細胞が増えます。同時に自律神経のバランスも改善されていきます。

発病から「セラサイズ」の出会いまでの体験記は、非常に興味深いのでぜひ、お読みください。

僕はパーキンソン病と告げられた | パーキンソン病と運動療法
「パーキンソン病」を発症した自身が語り考える、パーキンソン病の運動療法とは?
僕がパーキンソン病を発症した理由 | パーキンソン病と運動療法
私がパーキンソン病を発症したのは、66歳の時です。社長業を退任した途端、持病の「冷え性」で座骨神経を患い、人間ドックで「PSA」の数値に踊らされ、不信と不安、ストレスを抱え込んだ結果?パーキンソン病が発症。
運動療法「セラサイズ」を知る | パーキンソン病と運動療法
薬に頼らないパーキンソン病の治し方を模索する中で見つけた究極の運動療法「セラサイズ」とは?

セラサイズの応援団員でもありますが、ご夫婦でライセンスも取得して今は札幌にお住まいです。

もうすぐ、セラサイズのスタジオのオープンに向けて準備中です。

タイトルとURLをコピーしました