パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病 情報・対策日誌

全身運動で機能回復

開発者のパーキンソン病会員様対応記録【08】 Yさん・女性(50代) 体幹は使えるようになってきた。バランスでは予測して体を動かすことができない。 Gさん・女性(40代) 日本で認可されていないため、クスリが変わった...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病と診断されたあなたへ

パーキンソン病は典型的な症状があると命名されます。 振戦、すくみ足、固縮などの症状があり、ドーパミンで改善すると診断されます。 しかし、実際は全員の症状が異なります。 たとえば手が震えると「振戦」と言われます。しかし「振...
パーキンソン病 情報・対策日誌

痛みがあるパーキンソン病は、お任せください。

痛みがあるパーキンソン病の方には特別に対応しております。 痛みは何といっても辛いものです。 痛みの原因の多くは、筋肉の神経系のバランスが崩れたり、脳の命令が間違っているときにおこります。(ショックにより神経系がおかしくなる自動...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病は症状に対する病名

パーキンソン病の代表的な症状 「安静時振戦」、「筋強剛(筋固縮)」、「無動・寡動」、「姿勢反射障害」があります。 ほかにも「突進」「味がわからない」「匂いがわからない」「寝返りができない」「字が小さくなる」「声が小さくなる」「...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病のクスリについて

パーキンソン病のクスリは、効果を感じない場合は飲まない方が良いかもしれません。なぜなら、症状を緩和するためのクスリだからです。また、強い副作用の可能性があるので、副作用があった場合はすぐに服用を止めるように、クスリの取扱説明書には書いてあります。
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の治療方法

パーキンソン病は原因不明とされて治療薬はありません。近年リハビリが有効であることがガイドラインに載りました。病院の薬は治療薬ではなく症状を緩和するクスリです。緩和する可能性はありますが副作用の高いリスクがあります。
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の皆さんへのアドバイス

パーキンソン病は急には悪くなりません 薬は治療薬ではないので、薬は出来るだけ少なくを心がける。薬を中心に考えない。クスリに頼らない。 先生に不具合をいうほど、クスリは増えます。でも、あまり改善しません。 パーキンソン...
パーキンソン病 情報・対策日誌

第1回パーキンソン病無料説明会 開催

パーキンソン病を本当に改善したい方のための説明会を開催いたします(情報交換会とは異なるイベントです)。初めて診断された方や、疑いがある方も歓迎です。 病院やインターネットでは手に入らない本当の情報です。効果的なリハビリにご興味があれ...
パーキンソン病 情報・対策日誌

第2回パーキンソン病改善情報交換会を開催

パーキンソン病第2回改善情報交換会を開催します。 第1回の様子はこちら スタジオには、パーキンソン病の症状が改善している方がたくさんいらっしゃいます。パーキンソン病のクラスを卒業して普通のクラスに出ている方も増えて...
パーキンソン病 情報・対策日誌

第一回パーキンソン病改善情報交換会のご報告

 第1回は約10名ほどの方にご参加いただきました。その中で4名が現在スタジオに通って改善している方でした。ご家族、知人がパーキンソン病の方で話を聞きたいという方が2名。その他は付き添いのご家族や、これからリハビリを仕事でやりたいという方。...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病 薬切れで動けないは副作用

薬の副作用でウェアリング・オフ現象をご存知でしょうか? 長くパーキンソン病の薬を飲んでいると薬が切れた時に動けなくなります。 「ウェアリングオフ」という副作用です。 まるで仕方がないように書いてある場合もあります。 ...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の症状 大脳の機能低下

パーキンソン病、、、大脳も低下していませんか? 会話の返事を早く返せない。電話の会話が、、、オカシイ? 道順を聞いてもたどり着けない、、、自分のルールにこだわって行動しないと不安、、、 実は脳の機能低下に気づいていて、内...
タイトルとURLをコピーしました