パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の症状 匂いがわからない

パーキンソン病で匂いがわからなくなる方もいます 家族や友人が匂いの話をした時に、お料理や花の匂いがわからないことに気づきます。 パーキンソン病はカラダの動きだけでなく、自律神経など多岐にわたり影響が出る方がいます。カラダが正常...
パーキンソン病 情報・対策日誌

【パーキンソン病改善策 】ベッドを布団に変える

パーキンソン病のほとんどの方が椅子とベッドの生活です。 そして、床から立ったり座ったりが苦手か、出来ません。日本のパーキンソン病患者は16万人とも言われますが、米国のパーキンソン病患者数は200万人ともいわれます。人口は約2倍です...
パーキンソン病 情報・対策日誌

【パーキンソン病改善策】 エレベーター、エスカレーターは使用禁止

パーキンソン病のほとんどの方が運動不足 「パーキンソン病」の方は、ほとんどの方が「運動不足」。しかし、「階段」は問題なく使えます。それどころか「平らな床」よりも「階段」の方が楽です。階段の方が登りにくい場合は、パーキンソン病ではない...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の運動のポイントと注意点

パーキンソン病はたくさん運動した方がカラダは動くようになる? そう書くと「筋トレや、頑張って運動をしよう」と思いがちです。 でも、筋トレはパーキンソン病向けの運動としては最適ではありません。 がんばって動かし過ぎたり、強...
パーキンソン病 情報・対策日誌

薬を飲んでいない重症のパーキンソン病患者のリハビリ

顔の表情も無く、歩行も難しく、すぐにフリーズ。 最初、奥様と来られたとき、一人では上着も着れず、トイレでも動けなくなりました。 食事のときもテーブルの上に物があると、その影響が動きにでる。繊細な性格が動きにも敏感に影響を与えて...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病と血圧の関係

「血圧の真実」知ってますか?遅いランチをとりに久しぶりにファミレスに入りました。入り口付近で年配の女性たち3人が血圧が高いことや加齢のお話をされています。お互いに褒めあっています。「あなたはまだまだ、頭もしっかりしていていいじゃない、、、」
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病と診断された全身が固まった方

今日のお客様は全身がコチコチに固まった状態だった方。 パーキンソン病が原因かどうかすらわかりませんが、怒り肩で肘も曲がったままで、伸びません。ご来店当初はカウンセリングで確認した、お食事、睡眠時間、運動の全てに問題がありました。 ...
パーキンソン病 情報・対策日誌

振戦の事例:箸は震えてもボールペンは震えない!

昨日のYさん は、曲がっていた腰も伸びて来ました。 最初のカウンセリングで出た話です。 「箸を使う時は手が震える。でも、ボールペンで字は書ける」 手が震える振戦の理由の多くは脳が手をうまく制御出来ない、手の筋肉の神経...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病の原因:右膝のケガ、右足指のケガ

今日のお客様は70代の女性 初回はご子息と一緒にご来店。 最初の症状は歩行がおかしくなって、右足の靴を履くときの足の指が普通に動かないとのこと。背中も固まり、首も硬い。 今後の悪化を心配してご来店。 最初の原因はご...
パーキンソン病 情報・対策日誌

当時68歳 パーキンソン病で諦めていたゴルフを再開

すくみ足、仮面様顔貌、突発性睡眠などから回復してゴルフ再開 この方は初期のお客様でした。 最初は顔の表情もなく、調子が悪いとすくみ足が出ました。 疲れるため、お孫さんの運動会やゴルフを諦めていましたが、回復後...
パーキンソン病 情報・対策日誌

50代の女性 仮面様顔貌からの回復

動画の上:最初来られた時は、ほとんど動かず、顔も無表情でしたが、、、 「仮面様顔貌」はパーキンソン病の多様な症状の一つです。顔のこまかい表情筋を制御する機能の低下で起こると思われます。 動画はモニターとしてご協力いただいた女性...
パーキンソン病 情報・対策日誌

パーキンソン病のクスリの副作用

病院で処方しているのは、ドーパミンを中心とした症状を緩和するお薬です。実際は症状が緩和する可能性があるクスリが出ます。イギリスの論文でパーキンソン病のクスリはドーパミンだけでよいとの論文もあります。しかし、ドーパミンにも副作用はあります。
タイトルとURLをコピーしました