パーキンソン病の症状 腰の曲がり

腰の曲がりパーキンソン病 情報・対策日誌
腰の曲がり
この記事は約2分で読めます。

パーキンソン病で急に腰が曲がってお困りではありませんか?

パーキンソン病で曲がった腰を諦めないで!

簡単ではありませんがこの2点でかなり改善します。

1、腰が曲がった原因を探して対策をする。
2、カラダの筋肉のバランスをとる。

スタジオには曲がった腰がまっすぐになり、卒業された方が何人もいます。

多くの原因はパーキンソン病の症状ではなくクスリの副作用

パーキンソン病のクスリを長く服用していて突然曲がる方、クスリの量を増やしたら曲がった方などいろいろな方がいらっしゃいます。

横に曲がった方が多いですが、前に曲がった方も来られます。

セラサイズのリハビリでカラダを修復しながらクスリの量や種類をお医者さまに相談して減らして行きます。

腰が曲がりやすいクスリもあります。(個別でご相談ください。)

パーキンソン病の腰の曲がりは平均で3ヶ月か4ヶ月で回復!

台所での立ち方が原因で腰が曲がった方もいました。

原因対策と減薬が重要です。
簡単ではありませんが、生活習慣の補正と筋肉のバランス調整で真っ直ぐになります。
1回ごとにはっきりと改善効果を確認できるセラサイズ独自の技術です。

パーキンソン病の症状は、諦めないで、ご相談ください。 改善しない場合はお支払いは不要ですので、お客様のリスクはありません。

自信と実績により、この効果保障制度を導入しております。

まずはお気軽に無料相談にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました