セラサイズ・リハビリの独自のアプローチ

セラサイズ パーキンソン病へのアプローチ リハビリ日誌
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病は全員の症状が異なるのが特徴。

ウィルス性の病気ではなく、体調を崩すことにより発生する症状に対して診断がおります。世界で統一された診断の条件はありません。極端に言うと病院により診断条件は異なります。

米国のパーキンソン病の会のHPには「誰でもなる可能性がある!」と書いてあります。

我々はひとり一人の原因が異なると考えて毎回30分ほどカウンセリングの時間を取り、原因を探していきます。非常に大変な作業ですが、それしか改善の方法はないと思います。

(1)最初にパーキンソン病の症状が出る原因を徹底的に探します。そして、可能性がある対策はすべて打ちます。
(2)ご本人も気づいていないお身体の問題点を探して、セラサイズの独自の動きで脳と筋肉を正常に戻します。

改善効果の秘密

両方を徹底的に行うことにより、多くの方が改善しています。しかし、全員を改善できるとは限りません。効果を感じない場合はお支払い不要としています。

高額費用の理由

スタジオは医療施設ではなく脳と筋肉の研究所ですので保険は使えません。常識的には高額と感じると思います。現実的に今は経営者の方が多数通われています。

一人一人にカスタマイズした対応を行うカウンセリングの高い技術と医療以上にカラダを改善する技術が必須です。脳と筋肉の研究所だから提供できる特別なリハビリなのです。

まだ、少人数にしか対応できない日本発のリハビリ・サービスです。

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました