cellacise

リハビリ日誌

セラサイズ・リハビリの独自のアプローチ

パーキンソン病は全員の症状が異なるのが特徴。 ウィルス性の病気ではなく、体調を崩すことにより発生する症状に対して診断がおります。世界で統一された診断の条件はありません。極端に言うと病院により診断条件は異なります。 米国のパーキ...
パーキンソン病 情報と対策

【オススメ書籍】パーキンソン病少しずつ減薬すれば良くなる!(ブックマン社)中坂義邦/著

高額の医療負担に見合うだけの効果が得られていない 当サイトでもパーキンソン病に処方されるクスリは治療薬ではなく、症状をあくまでも緩和するものであることをお伝えしてきました。 病院に行っても根本的治療がなく、投薬する方法がないので仕方がない...
リハビリ日誌

【60歳女性】激しい運動をしていた人が運動をやめると・・

体調が悪く頭痛も時々で手が震える。 パーキンソン病との診断も出ている。しかし、腕立てをすると平均的な女性の2倍やっても「全然平気!」とのこと。 もともと部活で激しい運動をしており、筋肉も多い。そんな人が運動を全くしない生活習慣...
パーキンソン病 情報と対策

振戦やすくみ足は警報!原因ではない

医学的には原因不明とされパーキンソン病の治療薬は残念ながらまだ、ありません。 パーキンソン病になると振戦やすくみ足などの症状が出ます。 自動車に故障がおこると警報が鳴ります。火事が起こると火災警報が鳴ります。 振...
パーキンソン病 情報と対策

パーキンソン病の事例:床から立てない

 多くのパーキンソン病の方は椅子とベッドの生活をしています。そのため、日常で床に腰を下ろすことがない生活を何年もしています。 床から立つということは、重心が上に移動するに従い異なった筋肉を使いながら立ち上がるのです。 そのため...
リハビリ日誌

パーキンソン病患者は、なぜ、歩けなくても階段は使える?

あなたは、平らな床よりも階段を上る方が簡単ではありませんか?パーキンソン病患者は歩けなくても、自転車にも乗れるし、走ることもできます。 実は脳の制御が違うのです。 歩行は小脳で行うことがノーベル賞レベルの論文で分かっています。...
リハビリ日誌

「パーキンソン病」海外の情報収集

イギリスのパーキンソン病患者の会に参加したいとメッセージを送ったところ、6月に京都で開かれるパーキンソン病の世界大会で会いましょうということになりました。 セラサイズは日本よりも先に海外で有名になるかもしれません。 しかし、こ...
リハビリ日誌

今日は4人のお客様

今日は4人のお客様。 一時的には手の振戦が消えるのですが、しばらくするとまた震える方の身体の秘密がやっとわかりました。 その対策のために新しい動きを開発。 類似の症状の他の方にも試しましたが、いい感じです。スタジオは実は...
リハビリ日誌

お仕事の都合で薬が飲めない方

2019年2月12日 今日は本当はお休みの日なので2人だけ対応。 お一人の体験の方は歩行バランスが不安定でパーキンソン病と診断は出ましたが、お仕事の都合で薬が飲めない方。 無料相談で来られて体験。すぐに効果を実感して、ご...
リハビリ日誌

改善の可能性を感じただけでも心が安定する

2019年2月7日 昨日は体験の方が1名(52歳女性)と3名のリハビリを行いました。 一人の方は1回目の上半身のチェックのリハビリで表情も明るくなったと奥様に言っていただきました。改善の可能性を感じただけでも心が安定してきます...
News

2019年1月25日(金)日本学術会議 公開シンポジウムのご紹介

学会という名前の組織はたくさんあります、、、 しかし、実は本当に学会と言えるのは日本学術会議協力学術研究団体だけです。 『日本学術会議は、科学が文化国家の基礎であるという確信の下、行政、産業及び国民生活に科学を反映、浸透させることを...
リハビリ日誌

新たに見つかった効果的な脳トレの秘密

できるだけ重い物を動かしたほうがトレーニングとしては効果的と思っていませんか?確かに、単純に筋肉を増やしたり強化するには重いウェイトは有効です。 しかし、脳トレや脳神経を最適化するということを目的すると、そうではありません。 ...
タイトルとURLをコピーしました