cellacise

リハビリ日誌

薬を飲んでいない重症のパーキンソン病患者のリハビリ

顔の表情も無く、歩行も難しく、すぐにフリーズ。 最初、奥様と来られたとき、一人では上着も着れず、トイレでも動けなくなりました。 食事のときもテーブルの上に物があると、その影響が動きにでる。繊細な性格が動きにも敏感に影響を与えて...
リハビリ日誌

パーキンソン病症候群の60歳 バリバリの営業マン

Yさま 60歳 パーキンソン病の症状は肩がほとんど動かないこと ポールを上にあげようとしたら、力が出ないことが分かった。数回で段々と力が出るようになったが、力が出ないことに驚かれていました。 両腕の制御が難しい状態...
パーキンソン病 情報と対策

パーキンソン病と血圧の関係

「血圧の真実」知ってますか?遅いランチをとりに久しぶりにファミレスに入りました。入り口付近で年配の女性たち3人が血圧が高いことや加齢のお話をされています。お互いに褒めあっています。「あなたはまだまだ、頭もしっかりしていていいじゃない、、、」
リハビリ日誌

パーキンソン病で熊本からご来店

熊本からパーキンソン病で腰が痛くてたまらないとのことで飛行機でご来店。84歳 心配したお嬢様とご来店。慣れない乗り換えに手間取り、予約時間を1時間ほど過ぎて到着。スタジオはいつも朝から満員なので、すでに2人のご予約が入っていました。
リハビリ日誌

パーキンソン病と診断された全身が固まった方

今日のお客様は全身がコチコチに固まった状態だった方。 パーキンソン病が原因かどうかすらわかりませんが、怒り肩で肘も曲がったままで、伸びません。ご来店当初はカウンセリングで確認した、お食事、睡眠時間、運動の全てに問題がありました。 ...
リハビリ日誌

振戦の事例:箸は震えてもボールペンは震えない!

昨日のYさん は、曲がっていた腰も伸びて来ました。 最初のカウンセリングで出た話です。 「箸を使う時は手が震える。でも、ボールペンで字は書ける」 手が震える振戦の理由の多くは脳が手をうまく制御出来ない、手の筋肉の神経...
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病の原因:右膝のケガ、右足指のケガ

今日のお客様は70代の女性 初回はご子息と一緒にご来店。 最初の症状は歩行がおかしくなって、右足の靴を履くときの足の指が普通に動かないとのこと。背中も固まり、首も硬い。 今後の悪化を心配してご来店。 最初の原因はご...
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

当時68歳 パーキンソン病で諦めていたゴルフを再開

すくみ足、仮面用顔貌、突発性睡眠などから回復してゴルフ再開 この方は初期のお客様でした。 最初は顔の表情もなく、調子が悪いとすくみ足が出ました。 疲れるため、お孫さんの運動会やゴルフを諦めていましたが、回復後...
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

50代の女性 仮面様顔貌からの回復

動画の上:最初来られた時は、ほとんど動かず、顔も無表情でしたが、、、 「仮面様顔貌」はパーキンソン病の多様な症状の一つです。顔のこまかい表情筋を制御する機能の低下で起こると思われます。 動画はモニターとしてご協力いただいた女性...
パーキンソン病 情報と対策

パーキンソン病のクスリの副作用

病院で処方しているのは、ドーパミンを中心とした症状を緩和するお薬です。実際は症状が緩和する可能性があるクスリが出ます。イギリスの論文でパーキンソン病のクスリはドーパミンだけでよいとの論文もあります。しかし、ドーパミンにも副作用はあります。
リハビリ日誌

パーキンソン病の原因は脳のバランスの崩れ!

脳のバランスが崩れたのがパーキンソン病! 「脳萎縮が加齢に伴いより強く進行し,特に小脳・脳幹部で著明」そう書いてある論文がありました。 小脳系の機能が落ちた時の症状が多くの方に起こります。精神状態や意識が症状に影響を与えます。...
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病専用リハビリ:Iさんの推薦文

60歳を過ぎた頃から、永年続けていたジムトレーニングがきつくなり、歩行姿勢も前かがみになってきた。その時は「加齢による、機能低下?」と思い込んでいたが、手の震えが始まり、専門医の診察を受けた。症状は、無動(動きが緩慢)、、
タイトルとURLをコピーしました