cellacise

リハビリ日誌

パーキンソン病の原因は脳のバランスの崩れ!

脳のバランスが崩れたのがパーキンソン病! 「脳萎縮が加齢に伴いより強く進行し,特に小脳・脳幹部で著明」そう書いてある論文がありました。 小脳系の機能が落ちた時の症状が多くの方に起こります。精神状態や意識が症状に影響を与えます。...
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病専用リハビリ:Iさんの推薦文

60歳を過ぎた頃から、永年続けていたジムトレーニングがきつくなり、歩行姿勢も前かがみになってきた。その時は「加齢による、機能低下?」と思い込んでいたが、手の震えが始まり、専門医の診察を受けた。症状は、無動(動きが緩慢)、、
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病専用リハビリ事例 50代前半・男性

2019年の2月から約半年お世話になっております。パーキンソン病と診断され病院で処方された薬を飲んでいましたがパーキンソン病は治らない病気で進行を薬で遅らせるだけしか方法はないと言われて何とか改善する方法はないかと探していたのですが、セラサイススタジオ以外パーキンソン病について言及してあるものがなかった為、お問い合わせをさせて戴きました。
パーキンソン病 情報と対策

パーキンソン病の明確な診断条件はない!

世界的にパーキンソン病はバイオマーカー(明確な判定基準)はない そのためにパーキンソン病は原因不明とされています。 病名は症状に対して命名されています。 以前は歩行の安定性や指の動きなどで判断されていました。 最近はMIBGシンチグ...
リハビリ日誌

クスリでは改善しないパーキンソン病

パーキンソン病の原因は医学的には不明とされています 一般的にパーキンソン病はドーパミンの不足、黒質の変性などが原因と推測されています。それはドーパミンを補給するクスリを使うと、明らかに動きやすくなり回復状態に戻るからです。 帯...
パーキンソン病 情報と対策

パーキンソン病 最大の特徴:人によって症状が異なる

パーキンソン病 最大の特徴:人によって症状が異なります パーキンソン病と言う病名がついていますが、お一人お一人全く異なる症状なのです。 症状に対して名前がつけられています。症状は同じでも原因が異なる方が沢山います。医師が分かり...
リハビリ日誌

クスリを使わないパーキンソン病の症状改善

『パーキンソン病の多くの症状は小脳系の機能低下が原因!』これがこの難病に対する私たちの見解です。『すくみ足で歩けないが、階段では普通に足が出る!』、『自転車は乗れるが、降りた瞬間に歩けなくなる!』『歩けなくても走れる!』
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病リハビリ事例紹介:関口秀紀様(60代男性)

関口秀紀様は「顔の表情がなくなった」と不安いっぱいで来訪されましたが、8回でパーキンソン病の進行から開放されました。 表情も以前のように戻り、いまは健康管理のために一般のクラスに通われています。 パーキンソン病会員 関...
リハビリ日誌

難病センター村田院長のお話

難病センター村田院長のお話『自分に合う、適度な運動量を探しましょう!』4年前の水戸での第1回パーキンソン病コングレス(学会)の時に、残念ながら昨年亡くなった難病センター院長の村田先生が「ほとんどの方が運動するほど調子が良くなるのよ!」とおっしゃっていました。
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病の事例:元農家の主婦(60代 女性)

野良仕事をやめて運動量が激減。この方もそうですが、パーキンソン病は若い頃はお元気な人が多いようです。急に運動をやめたり、加齢により仕事が減り、運動量が急に減ったために体調を崩した方が多いようです。人間は環境に対応して生きています。
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病の事例:非常に優秀&感覚的に動く(60代女性)

パーキンソン病によるカラダの痛みは既になくなり、諦めかけていたヨーロッパ旅行にも行けて1日に1万5千歩以上歩いても平気になった。それ以来、度々海外旅行や別荘に行かれている。別荘や旅行に行くと調子が良い。意識すれば正しく歩けるが、普通に歩くと脚を少しひきづる。
パーキンソン病専用・セラサイズ リハビリ改善事例

パーキンソン病の事例:新潟からの方(40代 女性)

毎回、仲良くご夫婦でご来店。初回で「寝ている時の背中の痛みが消えて、朝まで眠れるようになった」とのこと。 でも、こちらから聞くまで、改善に気づいていませんでした。パーキンソン病の多くの方は良くなった時は良くなったことを忘れるようです。嫌な記憶は忘れたいようです。
タイトルとURLをコピーしました