パーキンソン病は医学的には原因不明

パーキンソン病は医学的には原因不明
パーキンソン病は医学的には原因不明
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病の原因は黒質の変性によりドーパミンが出なくなったこと?

医学的には黒質のドーパミン神経細胞の変性を主体とする進行性変成疾患と説明されています。

わかりやすく書くと 「黒質の細胞が減少してドーパミンの分泌が減少するため」と多くのWEBで説明されています。

あなたはこの説明で納得できますか?

では、「なぜ、黒質の細胞が減少するのでしょうか?」

どこのサイトにも、この当たり前の質問に対する答えは書いてありません。

パーキンソン病の原因は学術的にはわかっていません。

パーキンソン病に関しては日本を代表する研究機関の理化学研究所や産総研でも研究が行われていません。一部の大学病院などで行われているだけです。

患者は日本に15万人ほど、米国には200万人を超える患者がいると言われています。人口が2倍なのに患者数は10倍以上いるということです。

なぜ、黒質が変性するのかも不明とされています。

黒質以外に刺激を与えても改善したという論文もあり、黒質が本当の原因かどうかもわからないのが実態です。

別の仮説でパーキンソン病のリハビリを開発して効果が出ています。

細胞活性研究所としてパーキンソン病の原因は全く別の仮説を立ててリハビリを設計して効果が出ております。

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?
数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。 【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)
セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、「各種DVD」およびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ
タイトルとURLをコピーしました