パーキンソン病の治療法

パーキンソン病は原因対策&脳と筋肉のリハビリで改善可能!

パーキンソン病は、代表的な症状があり、3つの条件を満たすと命名


医学的には原因不明とされ、全員の症状が違う。
『純粋なパーキンソン病患者はいない』(2019年6月京都パーキンソン病世界大会)

病気というより類似の症状に対する医学的な分類と言えます。

パーキンソン病の原因はドーパミンの減少ではない!

ドーパミンは黒質で作られており、その劣化が原因と一般的には報道されています。

しかし、なぜ黒質が劣化するのかは誰も説明していません。

・黒質以外の部位に刺激を与えても症状が改善する論文が報告されています。
・同じ症状でもドーパミンを補給しても症状が改善しない方(症候群)もたくさんいます。
・患者の全員の症状が違う

メカニズムが分からないまま、いまだに同じことが行われています。

ドーパミンの効果が一時的であり、副作用のリスクがあることも60年代から知られています。しかし、ほかに対処方法ないので医療の世界では今も同じドーパミンの投与が行われています。

病院の薬は「症状の緩和が目的」であり、治療薬ではない!

薬をいくら飲んでも進行は止まりません。
担当の医師から最初に説明を受けていると思います。

ドーパミンは治療薬ではないので症状は進行する

それどころか、薬の副作用に苦しんでいる方がたくさんいます。
特に3種類以上の薬を飲むと、テストを行っていないので副作用のリスクは高くなります。
精神科のお薬は3種類以上出せませんが、パーキンソン病は制限がなく、たくさん処方されます。
しかし、種類が多いと組み合わせによる副作用のリスクが高くなります。

薬は出来るだけ少なく、どうしても必要な分だけ飲む

パーキンソン病になる方は真面目な方が多く、お薬も時間通りに飲みます。

治療薬は指定通りに飲む必要があります。
しかし、症状を緩和するだけのクスリは必要最低限だけにべきです。クスリは少ないほど副作用を防せげます。
効果がない薬も副作用のリスクを高めます。

従来のリハビリでは改善しないため、減薬という発想は無かった

セラサイズで改善した後は、主治医に相談して薬を減らすことを推奨しております。
薬だけ減らしてもカラダは改善しません。

パーキンソン病患者を調べると、人により原因は違う!


あなたとほかの人は、違う原因でカラダが機能低下することで症状が起きています。
ですから加齢時の機能低下と同じで全員の症状が異なるのです。

原因を探すことは簡単ではありませんが、それだけが改善への道です。

パーキンソン病は原因に対策を打てば進行は止まる

薬を飲んでも原因対策をしないので従来は徐々に症状が悪化したのです。

セラサイズでは原因対策と脳と筋肉のリハビリで治療します!
2018からのパーキンソン病ガイドラインにもリハビリが有効な治療法と明記されています。

『脳の特性を考慮して作られた日本生まれのリハビリ運動

従来の「動きを覚えて行う」という発想では改善しない

同じ運動の繰り返しは、小脳で動くので大脳に刺激が入りません!
伊藤正男先生のノーベル賞レベルと言われる論文で報告されています。
単純な運動の繰り返しではパーキンソン病は改善しません。

三日坊主になるのは食事や音楽などと同じで飽きるから

あなたが飽きっぽいのではなく、つまらないから飽きるのです。
実は知らない面白い動きだけが大脳に刺激を入れてシナプスを繋ぐのです。
今までの運動はすべて海外からの輸入です。

新しい運動を量産できる会社は世界的にもありません。

同じ運動を繰り返えしても使える筋肉は増えない

従来のリハビリで、あなたの症状が改善しなかった理由です。

実は脳と筋肉はまだ、医学になっていないのです、、、
パーキンソン病は医学的に原因不明とされています。

パーキンソン病の詳しい説明は無料説明会で!

パーキンソン病治療の秘密兵器は多彩で効果的な運動

身体が正常になると、症状は、いつの間にか消えて行きます。

どんな動きでも良い訳ではありません。
科学的に脳と筋肉の影響を設計した動きのリハビリだけが効果を出せます。

グループリハビリは無理のないコストで、多くの方が改善を実感して会員増加中!

ZOOM無料説明会&体験会はこちら

毎回の改善を保証する世界最高レベルのリハビリもございます

表参道での無料相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました