小脳

パーキンソン病会員様・事例

パーキンソン病の事例:非常に優秀&感覚的に動く(60代女性)

60代 女性【毎週】 カラダの痛みは既になくなり、諦めかけていたヨーロッパ旅行にも行けて1日に1万5千歩以上歩いても平気になった。それ以来、度々海外旅行や別荘に行かれている。別荘や旅行に行くと調子が良い。意識すれば正しく歩けるが、普...
スタジオ日誌

すくみ足の対策を公開!:パーキンソン病対策

すくみ足は、パーキンソン病の典型的な症状の一つです。このページでは、一般的な対策と、独自で発見し、セラサイズ スタジオで使用しているすくみ足の対策を公開しています。パーキンソン病患者は階段の上り下りは、無理なくできます。走ることもでき、自転車にも乗れます。しかし、自転車を降りて歩こうとすると、すくみ足になり歩けません。
スタジオ日誌

パーキンソン病を治す方法

パーキンソン病は医学的には原因不明の難病とされています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』の主役 マイケル・J・フォックスで有名になりました。ボクサーのモハメッド・アリや永六輔さんもパーキンソン...
スタジオ日誌

特徴:良い時と悪い時の落差が激しい

パーキンソン病は、良い時と悪い時の落差が激しいことも特徴です。 無動状態と、普通の状態が短時間で切り替わることもあります。倒れていた人が、クスリが効き始めると、急に立ち上がって普通に歩き出す、、、 逆に調子が良い状態を見て、悪...
スタジオ日誌

パーキンソン病という原因不明の病気

200年前からの新しい病気がパーキンソン病 ・パーキンソン病は、今から200年くらい前にイギリスの医者ジェームス・パーキンソン氏が初めて報告した病気です。・フランスのジャン=マルタン・シャルコー氏によって再評価され確立されていきます...
パーキンソン病会員様・事例

パーキンソン病会員様 リハビリ事例 : S様(若年性パーキンソン病)【その6】

■ パーキンソン病リハビリ・ストレッチ8回目(2016年11月12日) 【リハビリ後の本人自覚】・ジストニアがない。こわばりもない。首も痛くない。震えは出る。・ジスキネシアもない。・身体が固まる(全身フリーズ)はなくなってきた。 ...
パーキンソン病の考察

パーキンソン病:7つの原因

独自のカウンセリングを通じて7つの原因が浮かび上がってきました! 1、習慣:運動不足2、習慣:睡眠不足3、体質:筋肉が多い4、性格:几帳面5、外部要因:大きなストレス6、外部要因:病気や怪我で動けなかった7、外部要因:過去に激しい運...
タイトルとURLをコピーしました