ストレッチ

パーキンソン病会員様・事例

急速回復中:大阪からの50代後半パーキンソン病の女性!

第2回パーキンソン病コングレスで、完治を宣言していた方に続いて、、、 Yさんは、第2回のパーキンソン病の学会のコングレスのポスター発表で完治宣言をされていました。 セラサイズで良くなり、Youtubeでもゴルフを再開したことを...
スタジオ日誌

パーキンソン病を治す方法

パーキンソン病は医学的には原因不明の難病とされています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』の主役 マイケル・J・フォックスで有名になりました。ボクサーのモハメッド・アリや永六輔さんもパーキンソン...
スタジオ日誌

パーキンソン病が人により症状が異なる理由

パーキンソン病は人により症状も原因も異なる 人間のカラダと脳はとても複雑です。パーキンソン病は病気ではなく、症状に対する命名です。カラダが正常ではなくなると、いろいろな症状が起こります。 多くの方は運動量を増やすと血流があがり...
スタジオ日誌

特徴:良い時と悪い時の落差が激しい

パーキンソン病は、良い時と悪い時の落差が激しいことも特徴です。 無動状態と、普通の状態が短時間で切り替わることもあります。倒れていた人が、クスリが効き始めると、急に立ち上がって普通に歩き出す、、、 逆に調子が良い状態を見て、悪...
パーキンソン病会員様・事例

症状の改善に必要な時間は人により異なる

さいたま県から初めての男性のお客様がお嬢様とご来店。 いろいろな整体やクスリ、グルタチオン点滴なども試されたとのこと。クスリも少しだけ飲まれています。しかし、効果を感じず、何とか治したいと思い、お嬢様がインターネットを必死に調べ、や...
スタジオ日誌

月刊「難病と在宅ケア」にパーキンソン病リハビリの記事を寄稿

2017年9月25日発行の「難病と在宅ケア(日本プランニングセンター)」という雑誌に寄稿した原稿が掲載されました。 難病と在宅ケア 発行部数は多くはありませんが、23年間続いている専門書です。 タイトルは、 「初回...
スタジオ日誌

パーキンソン病は、だれでもなる可能性がある

米国のパーキンソン病学会のHPのTOPには「パーキンソン病はだれでもなる可能性がある」と書いてあります。 日本の病院ではパーキンソン病は原因不明とされています。米国のパーキンソン病学会ですら原因がわかっていないのです。 多くの...
スタジオ日誌

パーキンソン病:クスリは治療薬ではなく症状の緩和の機能!

【パーキンソン病のクスリは治療薬ではありません!】 毎日飲んでいるお薬ですが、パーキンソン病の治療薬だと思っていませんか?・・・残念ながら現在の薬は治療ではなく症状の緩和が目的です。現代医学的には原因不明となっており、特効薬はないの...
スタジオ日誌

リハビリ事例 : S様(若年性パーキンソン病)【その14】

S様からのメール 2017年2月8日(水) 明日12:30〜 よろしくおねがいします。子どもが15:15ごろに帰宅するので、14:00には電車に乗りたいです。 13:45にセラサイズ・スタジオを出られるように、お願いしま...
スタジオ日誌

診断基準は?あなたは、パーキンソン病ではないかもしれません

診断基準が病院や医師により随分違う! <診断基準> 難病情報センター以下の診断基準を満たすものを対象とする。(Probableは対象としない。) 1.パーキンソニズムがある。※12.脳CT又はMRIに特異的異常がない。※23....
タイトルとURLをコピーしました