パーキンソン病の具体的な症状(百人百様)

この記事は約4分で読めます。

「純粋なパーキンソン病患者はいない」

診断条件はとてもあいまいでお医者さんも判断に苦労しています。
明確ではない症状に対してパーキンソン病と診断されます。
ウィルス性の病気と違い、生活習慣病的な機能低下です。
ですから全員の症状が異なります。

2019年6月京都で開催されたパーキンソン病世界大会では、
『純粋なパーキンソン病患者はいない!』と発表されていました。

原因に関係なく、4種類の条件に当てはまるとパーキンソン病と診断されます。

1,パーキンソニズムと言われる症状がある
2,MRIの検査で脳に異常がないこと
3,パーキンソニズムを引き起こす薬物の影響を受けていない
4,ドーパミンのクスリを飲むことにより症状が緩和する

パーキンソン病は医学的には原因不明とされクスリがありません。

医学的に症状をもとにして分類しているということです。
原因には言及していません。

パーキンソン病は原因不明:原因を治す治療薬はありません

医学的にはパーキンソン病は全員の症状が違うために原因不明とされています。
そのため治療薬はありません。

ドーパミンなどのクスリはすべて症状の緩和が目的です。
症状を緩和する可能性はありますが、重篤な副作用のリスクがあります。

医師に相談して、どうしても必要なクスリだけにすべきです。
クスリを飲み続けて改善したパーキンソン病患者はいません。
明らかな効果がない薬は飲むべきではありません。

クスリを飲んでいても症状は進みます。
すると徐々にクスリが増え、副作用のリスクが高くなります。
副作用は人により異なり、医師も製薬会社も予想ができません。

以下の症状の中にもクスリの副作用と思われる症状が多数含まれています。

表参道セラサイズ・スタジオでは無料相談を行っております。
お気軽にご相談ください。
毎週土曜にZOOMでの無料説明会&体験会も行っております。

【パーキンソニズム:パーキンソン病の症状】

パーキンソン病の4大症状:

1,振戦(しんせん:手足の震え)
 手足が震えます。しかし、人により震える部位は、指、掌、肘、腕など異なります。
 緊張すると震える方も多く、ほとんどの人は右側か左側の手足が震えます。
 意思で止められる人と止められない人がいます。
 物を持つと止まる方もいます。人により実際の症状は全く違います。

2,筋固縮(きんこしゅく:筋肉がこわばり、固まります)
 手足や体に力が入った状態で、カラダが固まります。
 場所は人により異なります。

3,寡動、無動(かどう、むどう:動きが遅くなる、動けなくなる)
 動きがスローモーションのようになります。
 ドーパミンを飲み続けていると副作用で、ウェアリングオフという依存症状態になります。
 全く動けなくなる場合もあり、無動と呼ばれます。

4、姿勢反射障害(しせいはんしゃしょうがい:体勢のバランスがとりにくくなる)
 立っているときは揺らぎが無くなり、直立不動になります。
 方向転換や歩行がしにくくなります。

効果を実感してからお支払

スタジオでの無料相談はこちら

パーキンソン病のその他の症状:(クスリの副作用の症状も含む)

身体動作関連:
 動作
 ・立っているときは、棒立ちになり動かない。(ゆらぎがない)
 ・トイレでパンツがあげられない
 ・動作がゆっくりになり、早く動けない
 ・顔を少ししか横に回せない
 ・薄い紙をつかめない

 歩行時
 ・すくみ足(歩こうとしたときに足が出ない。特に室内で起こりやすい)
 ・方向転換がしにくい
 ・腰が曲がり、首から上が前に出る、首が下がる
 ・腕が振れない、足とばらばらになる
 ・トイレで方向転換ができない
 ・狭いところは足が止まる
 ・暗い通路は足が止まる

 動作時
 ・寝返りができない
 ・床から立ち上がれない(しゃがむと立ち上がれない)
 ・服やセーターが着れない、着にくい
 ・服のボタンが外せない、留められない。
 ・ズボンが履けない、パンツがあげられない
 ・横になっていて毛布やブランケットを掛けられると動けなくなる
 ・コーヒーやワイングラスを上に傾けて飲めない

 手の動作
 ・緊張すると手が震える
 ・字が小さくなる、字が下手になる、読めない字になる
 ・コーヒーカップやワイングラスを上に持ち上げられない。
 ・箸が使いにくい
 ・鍋が洗いにくい
 ・缶コーヒーやペットボトルが開けられない

 表情、声
 ・無表情(「仮面様顔貌」)
 ・まばたきをしない(魚の目のような見開かれた目)
 ・声が小さくなる(歌は大きな声で歌える)
 ・何を言っているのかわからない
 ・会話時に返事が遅い、あるいは回答内容がずれている

 嚥下障害、味覚、臭覚の低下
 ・飲み込みにくい
 ・味がわからない
 ・匂いがわからない

 自律神経系の異常
 ・慢性的な便秘
 ・低血圧症、起立性低血圧
 ・血圧の異常変動
 ・排尿機能の低下(夜間の頻繁なトイレ)
 ・夜になっても眠れない
 ・暑くないのに異常な発汗

精神系・大脳の機能低下系
 ・認知症、記憶力の低下
  複雑なことが考えられない、理解できない
  返事が遅い
 ・うつ症状
 ・やる気がおこらない、無気力
 ・やり始めたことを、やめられない(ギャンブル依存症等)
 ・夢の中で喧嘩する、怖い夢を見る
 ・幻覚、妄想、夜中に大声を出す
 ・突然暴れる

物理的な痛み
 ・関節や筋肉の痛み
 ・手足のしびれ、痙攣(けいれん)
 ・首や背中、肩甲骨が固まっている
 ・魚の目、タコ

ほとんどのパーキンソン病の症状に改善実績あり!

特に、痛みは短期間で消える可能性が高いです。
まずは、ご相談ください。

効果を実感してからお支払

スタジオでの無料相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました