パーキンソン病のクスリを飲んでも症状は進行する

パーキンソン病のクスリを飲んでも症状は進行する
パーキンソン病のクスリを飲んでも症状は進行する
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病は原因不明なため、残念ながら治療薬はない

病院のクスリは症状を緩和する効果しかありません。

残念ながらパーキンソン病の治療薬ではないので、いくら飲んでも症状は徐々に進行します。

従来の病気を治すクスリとは意味が違い、痛み止めのような状態です。痛み止めは痛みは止まりますが、原因は直してくれないので再発します。

原因不明の症状を止めようとするクスリなので副作用のリスク

パーキンソン病の症状が一時的に症状が悪化したときなどに、どうしてもクスリを多く飲みたくなる方がいます。しかし、クスリを多く飲んだ場合、症状は改善しなくても、副作用のリスクは跳ね上がります。

パーキンソン病のクスリは必要最低限に

早期に飲み始めた方が進行が遅くなると説明する医師もいますが、早く飲み始めても進行が遅くなることはないという大規模研究での論文がヨーロッパで発表されています。

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました