パーキンソン病のクスリの副作用

パーキンソン病のクスリの副作用 パーキンソン病 情報と対策
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病は原因不明で残念ながら治療薬はありません

病院で処方しているのは、「ドーパミン」を中心とした症状を緩和するお薬です。

実際は症状が緩和する可能性があるクスリが出ます。
 
イギリスの論文でパーキンソン病のクスリは「ドーパミン」だけでよいとの論文もあります。しかし、「ドーパミン」にも副作用はあります。

パーキンソン病のクスリの副作用は何が起こるかわからない

英語ではSide Effectといいます。

何が起こるかは医師も製薬会社もわかりません。

そのため、クスリの使用説明書には異常な症状が出たらすぐに服用をやめて医師に相談と書かれています。

パーキンソン病のクスリの 具体的な副作用

  • 始めたことが止められない。
  • 食事や会話の途中で寝てしまう。
  • 腰が曲がる。
  • 頭がふらふらする。
  • 幻覚を見て夜中に叫ぶ。
  • 性格が変わる。
  • 痩せる。
  • 便秘

    など、無数にあります。

パーキンソン病が改善すると医師に相談してクスリを減らす

表参道セラサイズ・スタジオでは 症状が改善すると主治医に相談して頂き、クスリを減らしていただきます。クスリが減ると副作用のリスクも減らすことができるからです。

今までの薬を飲むだけのアプローチでは改善しませんでしたが、原因を探し対策を打つことと、セラサイズの従来のリハビリを超える効果により、パーキンソン病の多くの症状は改善します。

全員を改善できる訳ではないので、効果を感じた場合だけお支払いを頂いております。

サービス開始以来、たくさんの方が通われております。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なり、効果も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました