パーキンソン病は原因対策をしないと治らない

パーキンソン病の原因対策
Print Friendly, PDF & Email

 たとえば、火災が起きると火災警報がなります。

火災警報を止めても火は消えません。

(分かりやすいように考えた例ですが、過激な例で申し訳ありません。)

パーキンソン病の場合は、身体が正常ではなくなるので 振戦やすくみ足などの症状が起こります。

パーキンソン病の症状は機能低下したカラダからの警報です。

振戦、すくみ足などは症状であり原因ではありません。

クスリで警報を止めても、原因対策になっていないので症状は徐々に進行します。

これが、パーキンソン病が徐々に進行する理由ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました