パーキンソン病は原因対策をしないと治らない

パーキンソン病の症状は警報
この記事は約2分で読めます。

火災の場合、家が燃えているので火災報知機が鳴ります。

パーキンソン病の場合、身体が正常ではなくなるので 振戦やすくみ足などの症状が起こります。

パーキンソン病の症状は機能低下したカラダからの警報。

振戦、すくみ足などは症状であり原因ではありません。
カラダからの警報と言えます。

クスリで警報を止めても、原因対策になっていないので症状は徐々に進行します。

これが、パーキンソン病が徐々に進行する理由です。

また、クスリには必ず副作用というリスクがあります。
本来の症状ではなく、クスリの副作用で困っている方がたくさんいます。

パーキンソン病は原因を探し対策すれば改善する

表参道セラサイズ・スタジオでは徹底した原因対策と脳と筋肉の機能を回復する独自の運動(セラサイズ)によるリハビリにより確実に改善しています。

プレミアム・リハビリでは毎回の改善確認後のお支払いとしています。
改善しない場合はお支払いは発生したしません。


Zoomによるグループリハビリも効果を確認する無料期間を1か月ご準備しております。
1か月までに退会すればお支払い発生いたしません。

お気軽にお試しください。

ZOOM無料説明会&体験会はこちら

表参道での無料相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました