病院のパーキンソン病の対処療法の概要

病院のパーキンソン病の対処療法の概要
病院のパーキンソン病の対処療法の概要
Print Friendly, PDF & Email

〇薬物療法

基本はドーパミンの補給のクスリです。多くの症状を緩和するクスリとして処方されます。

最近はドーパミンの吸収を助ける薬や、ドーパミンの分解を阻害するクスリなど各種のクスリも出ています。

〇手術療法

・DBS(脳に電気刺激で調整)

脳に電極を入れる手術を行います。電圧の調整によりコントロールします。

・経腸療法(安定的にドーパミンを投与する機械)

腸に直接ドーパミンを投入します。クスリよりは安定的にドーパミンを投入できますが、手術と常時クスリを供給する機材を携行する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました