病院のパーキンソン病の対処療法の概要

病院のパーキンソン病の対処療法の概要
病院のパーキンソン病の対処療法の概要
Print Friendly, PDF & Email

〇薬物療法

基本はドーパミンの補給のクスリです。多くの症状を緩和するクスリとして処方されます。

最近はドーパミンの吸収を助ける薬や、ドーパミンの分解を阻害するクスリなど各種のクスリも出ています。

〇手術療法

・DBS(脳に電気刺激で調整)

脳に電極を入れる手術を行います。電圧の調整によりコントロールします。

・経腸療法(安定的にドーパミンを投与する機械)

腸に直接ドーパミンを投入します。クスリよりは安定的にドーパミンを投入できますが、手術と常時クスリを供給する機材を携行する必要があります。

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?
数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。 【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)
セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、「各種DVD」およびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ
タイトルとURLをコピーしました