従来のパーキンソン病のリハビリの問題点

通常のリハビリの問題点
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病のリハビリは動きが少なく楽しくない

従来のパーキンソン病のリハビリは、局所的に行われます。
リハビリの基本は同じ動きの繰り返しです。

多くのパーキンソン病のリハビリは辛く、即効性がない

セラサイズのパーキンソン病専用のリハビリは毎回の効果、即効性を保証している多分、世界で唯一のリハビリです。

動きの種類は3700種類を超えており、その多彩な動きのリハビリにより従来にない効果を出しています。

即効性があることと動きに変化があるので飽きずにリハビリができるように設計してあります。効果をお感じ頂けない場合は、お支払い不要です。

◆従来のパーキンソン病のリハビリは痛みを伴う場合がある

最近は減っていますが、理学療法士によっては痛みを無視してリハビリを行う方もいます。「セラサイズ・リハビリ」では痛みを感じる動きは禁止しています。

翌日、疲労感を感じない程度でリハビリしていくので、痛み、不快感、疲労感はありません。

過去の実験で痛みがないほうが回復が早かったので痛みを起こすような動きは禁止しています。研究所としてすべて内部で確認したルールで責任をもってリハビリを行っております。

◆時間が経過すると効果が出にくい

そのため、脳卒中のリハビリは180日までなどとなっています。

セラサイズ・リハビリでは、「15年以上前の交通事故の後遺症が回復した事例、5年前の事故による高度機能障害が劇的に改善した事例」もございます。

経過時間に関係なくセラサイズのリハビリは効果が出ています。

最新の脳細胞活性運動理論によるリハビリ
パーキンソン病のリハビリの常識をくつがえす3つの基本原則!「がんばり禁止」刺激を感じる程度でリハビリ「疲れない!」必要最低限の運動量でリハビリ「毎回新メニュー」で楽しく脳に刺激を入れるリハビリ筋肉だけでなく脳も刺激する最新...

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、DVDおよびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。
シェアする
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ
タイトルとURLをコピーしました