パーキンソン病の「むずむず脚症候群」対策

パーキンソン病 情報・対策日誌
この記事は約1分で読めます。

パーキンソン病で、むずむず脚症候群が出る

最初に相談を受けた方は寝ているとむずむず脚の症状が出て困るとのこと。

病院で医師に相談すると薬をくれますが、改善しなくて困っておられました。

色々話を聞いてある結論にたどり着きました。

パーキンソン病でのむずむず脚症候群の原因

「運動不足により、むずむず脚症候群の症状が出た!?」

そこで、全身と足の筋肉をセラサイズでいろいろ動かしてみました。
すると予想通り、症状は消えたのでした。

運動が足りないために、血流が落ちて筋肉が正常に機能できないために起こる症状です。

足は筋肉が多いので起こりやすいと思われます。

パーキンソン病の多くの症状は運動不足により起こります。

原因を見つけて対策を行えば、改善するのです。
しかし、原因は一つとは限らないために簡単ではないのです。

セラサイズのリハビリは徹底したカウンセリングで原因を解析して見つけるのです。
複数の原因に対策を打つので改善しています。

パーキンソン病のリハビリは効果を実感してからお支払い
タイトルとURLをコピーしました