病院でのパーキンソン病の各種リハビリ(ガイドラインより)

病院でのパーキンソン病の各種リハビリ(ガイドラインより)
病院でのパーキンソン病の各種リハビリ(ガイドラインより)
Print Friendly, PDF & Email

パーキンソン病の特性を考慮した専門のリハビリというよりは、従来のリハビリの応用という内容となっています。

〇運動療法

 リラクゼーション、体幹の捻転運動、関節可動域の訓練とストレッチ、警部と体幹部の捻転運動、背部の伸展と骨盤傾斜訓練、剤と姿勢制御、呼気と呼気相を意識した呼吸訓練など各種。

〇作業療法

 上肢の伸展を伴うROM訓練、ペグやビーズを用いた細かい上司運動、反復運動を行う上司エルゴメーター、移動訓練、安全技術、家庭教育などがある。

〇言語訓練・嚥下訓練

 横隔膜呼吸訓練、構音訓練、嚥下訓練、顔面・口・下の運動などがある。

〇音楽療法

 外部刺激により運動症状が改善することから注目されている。音楽療法は受動的に九九だけでなく参加型もあり家族や社会とのコミュニケーションの手段ともなりうる。また音楽とダンスの組み合わせでのリハビリテーションも注目される。

タイトルとURLをコピーしました