パーキンソン病を相談できる病院

パーキンソン病のお薬は精神科系の薬です。

通常、精神科系ではMAX3種類しか薬はでません。

しかし、パーキンソン病はこの制限がないのでたくさんの薬を出す先生がいます。
3種類以上の薬の場合、薬の飲み合わせの安全性の確認がされていません。

特定の組み合わせで、突発性の睡眠や多岐にわたる副作用が出ます。

基本的にはお薬をあまり出さない病院がオススメです。
たくさんお薬を飲むと、本来のパーキンソン病と薬の副作用がわからなくなります。
そして、身体が改善後の減薬も難しくなります。

○セカンドオピニオン、薬の相談をして頂ける病院

 今後電話でのセカンドオピニオンなども予定しております。

・山口醫院(自由診療)0475-36-7778

 HPはこちら
 2022年12月27日の無料説明会で講演していただきました。
 2023年1月24日のパーキンソン病改善セミナーでは
  テーマ「パーキンソン病と腸内環境」でご講演を頂きました。

○会員が通われていて薬が少ない病院

1,東京大学付属病院(東大系の先生はお薬が少なめな方が多いです)
  3ヶ月前の身体の情報の記録が残っており、改善を確認してもらった会員がいます。

2,麻布十番の病院
  たくま内科・神経クリニック
  相談に乗ってくれて、薬はあまり出さないとのこと。

3,世田谷区大原
  くるみクリニック
  相談に乗ってくれて、薬はあまり出さない とのこと。

◆おすすめの病院は、随時追加の予定です。
 お勧めの病院がありましたらご紹介ください。

タイトルとURLをコピーしました