パーキンソン病症候群の60歳 バリバリの営業マン

ーキンソン病症候群の60歳 バリバリの営業マン リハビリ日誌
Print Friendly, PDF & Email

Yさま 60歳

パーキンソン病の症状は肩がほとんど動かないこと

ポールを上にあげようとしたら、力が出ないことが分かった。数回で段々と力が出るようになったが、力が出ないことに驚かれていました。

両腕の制御が難しい状態。

「前回のリハビリ後、ご飯の色がハッキリビビッドに見えた!」

おカラダの変化を感じやすい方は、早く改善します。

良くなっても感じにくい方は、最適なリハビリができないので少々時間がかかります。全員の症状が違うので、変化を感じて教えて頂けることは重要です。

状態の分析ができて、行うべき最適なリハビリがわかるのです。

パーキンソン病専用リハビリ後に多い感想

・シャンプーのときに指に力が入るようになった。
・歩く速さが早くなった。
・気がついたら信号が変わりそうなときに走っていた。

リハビリを何度かしていると徐々にパーキンソン病の原因を思い出す

Yさんは、リハビリの途中で、ずっと重い鞄を持って営業していたことを思い出したとのこと。

多くの人がリハビリの途中で忘れていた原因を思い出します。

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

タイトルとURLをコピーしました