パーキンソン病と血圧の関係

パーキンソン病と血圧の関係パーキンソン病 情報と対策
Print Friendly, PDF & Email

「血圧の真実」知ってますか?

遅いランチをとりに久しぶりにファミレスに入りました。入り口付近で年配の女性たち3人が血圧が高いことや加齢のお話をされています。

お互いに褒めあっています。

「あなたはまだまだ、頭もしっかりしていていいじゃない、、、」

日本のあちらこちらで普通にされている会話でしょう。

スタジオでは運動後に高血圧の方の80%の方が脈拍が低くなります。

以前、脳梗塞のリハビリの方は180あった血圧が1回で120に下がりました。血流が良くなって下がったと考えられます。

日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」があります。

高血圧治療ガイドライン
  • 至適血圧 <120 かつ <80
  • 正常血圧 120~129 かつ/または 80~84
  • 正常高値血圧 130~139 かつ/または 85~89
  • I度高血圧 140~159 かつ/または 90~99
  • II度高血圧 160~179 かつ/または 100~109
  • III度高血圧 ≧180 かつ/または ≧110

正常血圧の基準は120~129 かつ/または 80~84とのことです。

基準よりも高くなったら降圧剤を飲まなければいけない?

そう思っていませんか?

それは大きな間違いです。何か理由があって正常値から外れているということです。

私は降圧剤を飲むこと自体に疑問を感じています。

身体は必要性があって血圧をあげています。それを確認しないで勝手に血圧を変えるとカラダは?

最初になぜ血圧が上がっているのかを調べるべきです。

そして、原因に対策を打つべきです。

ある年配の医師のお話:
血圧は加齢により高くなります。
昔は年齢ごとに血圧は上がるのが常識でした。
血管の柔軟性が落ちるので、血圧を上げないと送れない。

それを、年齢を考慮しない基準値を基に、薬で数値を下げる、、、?

患者の身体はどうなるのでしょうか?

そもそも数値は体の状態を評価する一つの指標にすぎません。その数値自体を絶対視して体の状況を調べないのはおかしいと思いませんか?

原因の多くは生活習慣にあります。
血圧は自律神経と大きく関係しています。自律神経が正常でなくなると、血圧も変動する場合があります。

パーキンソン病で自律神経に影響が出た場合、血圧の幅が40未満になる

そんな方が少なくありません。

なぜ、自律神経が正常でなくなるのか?

原因は正しくない生活習慣です。
睡眠不足、不規則で偏った食事、ストレス、運動不足など

降圧剤が認知症を増やしているという話があります。身体は脳に血液が必要なので血圧をあげているのです。
薬で無理に血圧を下げると、脳に血液が行かなくなります。

人間の体はとても複雑で論文を読むほどに回っていないことに気付かされます

権衡に必要な3要素、運動、栄養、休養が不足すると正常な状態を保てなくなる、、、
当たり前の結論です。

免責条項:「パーキンソン病は人により原因も症状も異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

セラサイズ「パーキンソン病・無料セミナー」
あなたは本当にパーキンソン病ですか?

数多くのパーキンソン病の患者様をカウンセリングしてきた「セラサイズ 」だからこそ、わかる最新情報をお届けします。

【登録特典】として「表参道セラサイズスタジオ」で配布している「パーキンソン病ガイドブック」のPDF版を期間限定でプレゼント!(配布は予告なく終了する場合がごさいます)

セラサイズDVD&セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方に
セラサイズでは、「各種DVD」およびパソコンやスマートフォン見れる「セラサイズTV」をご用意しています。

パーキンソンのリハビリでも使用している動きを収録していますのである程度動ける方であればお試しいただけます。

くわしくは、こちらをご覧ください。

免責条項:「パーキンソン病は人により症状が異なります。すべての方に同じ効果を保証するものではありません。」

パーキンソン病 情報と対策
クスリに頼らないパーキンソン病専用プレミアム・リハビリ
タイトルとURLをコピーしました