【パーキンソン病改善策 】ベッドを布団に変える

【パーキンソン病改善策 】ベッドを布団に変えるパーキンソン病 情報・対策日誌
この記事は約2分で読めます。

パーキンソン病のほとんどの方が椅子とベッドの生活です。

そして、床から立ったり座ったりが苦手か、出来ません。

日本のパーキンソン病患者は16万人とも言われますが、米国のパーキンソン病患者数は200万人ともいわれます。人口は約2倍ですが、患者数は桁違いに多いのです。

パーキンソン病だから立ったり座ったりがやりにくいのではない!

それほど運動不足になっているからパーキンソン病の症状が出ているのです。
パーキンソン病は症状に対して診断がおります。

立ったり座ったりができるようになると、パーキンソン病の症状も改善します。

パーキンソン病で苦手な動きだから繰り返し行いましょう

無理にではなく、毎日少しづつ、無理なく回数を増やしましょう。
パーキンソン病は治療薬はないのでクスリでは治りません。

自分に合った運動の種類と量を探すことが重要です。

パーキンソン病は感染症のような病気ではなく体調を崩している状態です。

自分で改善すると考えて原因となる習慣を変えることが重要です。
スタジオではそういう考え方に加え、カラダを直接正常化するのでたくさんの方が改善しています。

お布団のメリットはもう一つ。

パーキンソン病の貴方は、朝起きたら必ず自分で布団を片付けましょう。
難しくても、なんとかカラダを使って行おうとしていると、できるようになります。
習慣として無理なく運動量を増やすことができます。

パーキンソン病のリハビリは効果を実感してからお支払い
タイトルとURLをコピーしました