表参道セラサイズ・スタジオ
【会員制】パーキンソン病専用プレミアム・リハビリ
港区南青山・表参道駅A5出口徒歩2分(月曜定休)
お問い合わせ・ご予約はこちら

振戦やすくみ足は警報!原因ではない

パーキンソン薬の副作用

医学的には原因不明とされパーキンソン病の治療薬は残念ながらまだ、ありません。

自動車に故障がおこると警報が鳴ります。同じようにパーキンソン病になると振戦やすくみ足などの症状が出ます。振戦やすくみ足はカラダからの警報だと我々は考えています。

現在のクスリは残念ながら対処療法なので「警報である振戦やすくみ足を止める目的のクスリ」です。いくら警報を止めても本質的に故障は治りません。

また、クスリには副作用があります。

物事に集中しすぎたり、ON、OFF(ウェアリングオフ)も副作用です。

いつもドーパミンが身体の中に補給されていると、カラダはドーパミンを作らなくなります。それがクスリが切れたときのOFF状態なのではと想像しています。

お医者様によりお薬の出し方は違いますが、基本的には少ない薬を処方するお医者様を選ぶべきだと思います。最近のパーキンソン病の専門医が書いた本にもそう書いてあります。

改善には【冷静に原因となる生活習慣などを探す】ことが重要です。絶対必要なクスリ以外は飲まない、特に効果を感じないおクスリは飲まない方がよいと思います。効果がなくても副作用のリスクはあるからです。

こんな発想で原因を探して対策を打つ&独自技術でカラダを正常にすることにより、全員ではありませんが、多くのパーキンソン病の方が改善しています。

全員の症状も原因も異なるので、原因を探すことも簡単ではありません。しかし、人間のカラダは複雑です。それしか方法はないと思います。

たくさんの方を見ることができないので安くはありませんが無料相談&リハビリは毎回の効果を保証しています。(効果を感じなければお支払い不要です。)

無料相談のお申し込みはこちら

Comments

comments

セラサイズ パーキンソン 無料相談&体験

関連記事

ページ上部へ戻る